読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

お知らせ

 現在2009年12月5日18時00分です。

 しばらく、このブログは閲覧できなくなっていました。
 これは、家族から、ブログの記事にしないで欲しい、と言われたことを削除するためでした。
 また、現在でも、まだ、削除すべき投稿が残っています。
 今日から、数週間をかけて、このブログを改訂します。
 今後は、数学、物理学、音楽、映画、などに関する話題以外は、投稿しないことにいたしました。
 このブログが、正常な状態に戻るまで、しばらくお待ち下さい。

 現在2009年12月5日18時05分です。おしまい。  このブログが一度削除されるにいたった経緯。

 それは、私が、2009年4月頃、病気が再発したような状態になったときに、このブログに、私の本名から、電話番号まで、全部を投稿してしまったことに始まります。

 私自身としては、諸君も、プレゼントの当たる懸賞の葉書などには、そういうものを平気で書くのだから、ブログに書いたとしても、同じことではないか、というように思っていました。

 しかし、私の父と母は、そうは思わず、なんとしても、このブログを破壊しようと考えました。

 まず、父と母は、私から、パソコンを取り上げて、実家に帰ったときしか、使えないようにしました。

 次に、私が、実家に帰ったときに、私に、

「ブログを消せ。」

と、迫りました。

 父が、切れたような声で、

「消せ!」

と、叫んだときに、私は、ここで消さないと、父と殴り合いになり、もう年老いている父を殺すことになるな、と思いました。

 それで、かなりの部分は、印刷してあるので、復活できるだろうと、思いながら、ブログを完全に消去しました。2009年7月4日のことです。

 それから、しばらく、ブログは、見られない状態になっていました。

 しかし、それからしばらくして、父に、

「なぜ、ブログをろくろく読んだこともないくせに、消せ、なんて言ったの?」

と、尋ねる機会がありました。それに対し父は、

「俺はただ、人のいやがることはするな、と言ったんだ。おまえのやっていることは、露出狂と同じなんだ。」

と言ったのです。

 それで、私は、

「人のいやがることをしなければよいのだな」

と判断し、ブログを続けることにしました。

 ブログ自体は、2009年11月16日に再開していた。

 それは、私には、このブログを書かなければならない、という使命を感じていたからだ。

 なぜか?

 それは、SEO対策を何もしていないのに、Googleで、「一般相対論」と打ち込むと、私のブログが、2番目か、3番目にヒットするからである。

 Googleは、ロボットで順位を決めている、と報道されているが、あれはデマだ。Googleというのは、ものすごいエリート集団からなっている。各分野のトップレヴェルの人たちが、どのページを上位に持ってくるべきか日々調べているのである。

 もちろん、下位のページは、ロボットだろう。だが、第1ページのものは、人間が、順位を決めているのだ。

 そこで、3番目にヒットするということは、私のブログが、大きな期待をされているということなのだ。

 だから、私は、このブログを続けなければならない。

 先日私の家を訪ねてきたエホバの証人の男女に、私は、

「聖書を読んでいるだけでは、だめなのです。すべての人が、数学と物理学をきちんと学んで、この門のアルミも、生き物なんだ、ということを理解しなければならないのです。イエス様が本当に伝えたかったことは、そういうことなんです。」

と、力説した。

 それを実践するためにも、まず、私が、自然科学をきちんと学び、それを、誰にでも分かるように、説明できるようにならねばならない。

 このブログは、そのためにあるのだ。

 父に、

「人のいやがることをするな。」

と、言われなくとも、私自身、人のいやがることをするつもりはない。

 大切なことを伝えるために、このブログを続けていくことにする。

 現在2009年12月30日7時21分である。ひとまずおしまい。