読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

まゆゆ、投票の準備をしたよ

 現在2015年5月14日0時26分である。

 以前、選抜総選挙に出るのなら、1票は、必ず入れるからね、と約束したよね。

 その約束を守るために、『僕たちは戦わない』のCDを、今日予約しました。

 ファンのサイトでは、速報で1位にならなければ、1位になれない、みたいなことを、言っているけど、まゆゆ、は、去年、逆転で1位になっているのだもの、今年、速報で1位になったら、かえって縁起が悪いよね。

 センターで踊るのは、気持ちが良いだろうし、1位になるというのは、やっぱり嬉しい。

 その気持ちは分かる。

 私も、日本で、1番、物理の良い教育を受けられる大学に行きたくて、1年浪人して、合格したときは、嬉しかった。

 1番の良さは、なった人にしか、分からないよね。

 でも、まゆゆ、も、感じているだろうけど、今年、まゆゆ、が、1位になるのは、多分無理だと思う。

「だったら、なぜ、投票するの?」

と、聞くかも知れないけど、それが、好きだって、ことだよ。

 負けると分かっていても、応援する。そうでなきゃ、好きだ、なんて言えないよ。

 ところで、もしかして、まゆゆ、は、1位でなかったら、卒業を、宣言するつもり?

 それはそれで、潔いけど、先のことを良く考えてね。

 まゆゆ、は、どんな人生を、理想としているか、分からないけど、例え将来どんなひどい噂が立っても、あの人のことだから、何か事情があったんだよ、と誰もが、温かく受け入れてくれるような、そんな人柄の人になれるよう、これからも、自分を磨いてね。

 私の理想の人生を送った人は、まゆゆ、は、知っているかどうか分からないけど、アニメ『銀河英雄伝説』のジークフリード・キルヒアイスなんだ。

 実在の人物で、人生の理想としている人は、いない。

 でも、立派な人を、知っている。

 ファインマンという物理学者だ。

 彼は、自分が他の人の手柄を横取りしてしまわないように、いつも気を付けていたんだ。

 そして、業績の先取権を争いそうになった時は、本来、自分の業績であったものまで全部相手のものにして、花を持たせてあげるのが、常だったと言われている。

 なんで、そんなことが、できたんだと思う?

 それは、ファインマンが、本当に実力を持っていたからだよ。

 自分の業績を他の人にあげてしまっても、ファインマンの業績は、あまたあり、ファインマンは、ノーベル物理学賞を、受賞している。

 まゆゆ、実力があるって、こういうことだよね。

 まゆゆ、にも、分かるでしょう。

 そう、それで、いいんだ。

 我々の戦うべき相手は、目の前の人間ではない。

 これからの人生も、厳しい道だけど、支え合って、生きていこうね。

 今日は、ここまで。

 現在2015年5月14日1時14分である。おしまい。