読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

綺麗なサインだね

 現在2015年6月15日5時05分である。

 昨日(6月14日)の23時から、『情熱大陸』という番組が、渡辺麻友を特集した。

 30分間、彼女だけの番組だった。

 1ヶ月以上前から、彼女にカメラが密着していて、余りにも眠れなかったため、5月30日に、彼女が倒れたほどだった。

 1つだけ、驚いたことがあった。

 彼女が、自分でも、まったくもって歌唱力に自信がない、などとナレーターに話させていたことだった。

 ごめん。まゆゆ。自分でも、気にしてたんだね。

 分かっているだろうとは、思っていたけど、

「まったくもって歌唱力に自信がない。」

なんて、はっきり言っちゃうほどだとは、思ってなかった。

 今までの、私の言葉、ものすごく、傷ついていたね。

 でも、

「あれは、ウソだよ。」

なんて言えるほど、私は、ただのいい人じゃないんだ。

 本当に、まゆゆ、の将来のことを考えている。

 歌を歌うのが好きなのだろう、とは思う。

 まゆゆ、が、小さいとき、自分を比べていたという、シンデレラも、人魚姫も、王子様の心を捕らえたのは、優しさや、美しさや、豊かな素養とともに、その声であったのだろうからね。

 その声で、歌を口ずさんだとき、澄み渡った音楽が、紡ぎだされたとしたら、どんなに、素晴らしいだろう。

 いや、ちょっと前の投稿で書いたように、まゆゆ、の声自体は、趣のある魅力的な音なんだよ。

 ただ、美空ひばりや、中島みゆきのように、年取った夫婦までが、

「ミーハーだと言われそうで、恥ずかしいんですけれど、本当に素晴らしい歌なので、コンサートに行ってしまうんです。」

と言いながら、聴きに来てくれるほどには、まゆゆ、の歌声に、力がないんだよ。

 何度も傷つけることになるけど、私は、まゆゆ、を、傷つけるためではなく、他の道に進む勇気を出せるように、励ましているんだよ。

 私は、何度も書いているよね。まゆゆ、の、『歌声』は、力がないけど、『声』には、趣があると。

 声って、出し方によって、結構、変わるんだよね。

 私、女の人達が、しゃべっているのを聞いていると、誰が、今しゃべっているのか分からないくらい、それぞれの人が、色んな声を出すことに、気付いているんだよね。

 だから、まゆゆ、が、女優になった場合、『声』で、損することにはならないと思う。

 いや、もしかして、今まで、

「女優。女優。」

と言っているけど、まゆゆ、は、まったく違う道に進みたいのかな?

 私が、決めつけるのでは、良くないから、何か、

「ある仕事。」

を、目指すのだとする。

 その場合、どうすれば良いか。

 まず、

・情報を集める。

 これは、私もやったこと。

 小学校2年生の時に、物理学者を目指してから、小学校6年生の時には、もう相対性理論の本を買ってもらって読み始めた。

 まゆゆ、が、どんな仕事を目指すのでも、その仕事について、少しでも多くのことを知っていた方がいい。

「これは、まだ早いんじゃないかな。」

なんていうためらいをしていては、だめだ。その時点で、垣根を作っちゃってる。

「恐らくこの道の一番の天才でも、ここまで準備しなかったのじゃないか?」

と、思えるところまで、やって、初めて、出発点だ。

 既にAKB48のエースという仕事をしていれば、うなずけるのではないかな?


 次は、外堀りを埋めるんだ。

・直接その仕事に関係ないことも、どんどん吸収する。

 これを、駄目だったときの逃げ道のために、他のこともやっておこう、というような甘ったれた気持ちでやっては駄目だ。

 その仕事に就きたいから、今、無用の用として、この関係ないように見えることも、経験しておこう、という意気込みがなけりゃ。

 まゆゆ、は、大学に行ってないけど、京都大学東京大学の文系の学部でも、数学や理科が必要であり、理系の学部でも国語や社会が必要なのは、やっぱり、大きく引いた見地に立たないと、物事を見渡して仕事が出来ないからなんだよね。

 よく、中学校を卒業しただけで、

「俺は、勉強嫌いだから、高校行かずに就職する。」

なんて、子供が言うと、大抵の親が、

「せめて、高校だけは、出ておきなさい。」

と、言うのも、同じ理由。


 あっ、そうだ。まゆゆ、私みたいに、43歳なんかになってなくて、まだ、21歳なんじゃない。

 大学へ行って、4年間、必死で勉強してみない?

 放送大学なんて中途半端なことはせず、きちんと国立大学を受験して、行ったらいい。

 その間、アイドルは、シャットアウト。


 女の人をすぐ好きになるので、例が女の人でごめんなさい。

 ヴァイオリニストの諏訪内晶子(すわないあきこ)さんは、1990年にチャイコフスキー・コンクールで優勝して有名になった後、自分の身を削るコンサート生活に限界を感じて、4年間、音楽の勉強をするために、表舞台から去ったんだよね。


 まゆゆ、も、受験勉強の1年間を、含めて、5年間、マスコミを、遠ざけたら?

 これ、私、諸刃の剣だな、と思いながら、書いているんだよね。

 まゆゆ、を、大学に行かせてあげたい、と思うと同時に、まゆゆ、私以外のボーイフレンドできるだろうな、とも思ってるんだよね。

 まゆゆ、みたいなキャンパスメイトが、いたら、男の人達、放っておくわけないものね。

 でも、まゆゆ、の将来を考えると、5年間、空白時期を作って、学業に専念するのは、絶対、まゆゆ、のためになる。

 確か、高校の卒業の資格は、持っているんだよね。

 まあ、21歳なら、1年で、大学検定試験合格の資格を取ることが、可能だから、5年間か6年間だね。


 本当にこの投稿を書いていて思い付いたのだけど、大学へ行くっていうのは、まゆゆ、のためには良いことだ。

 あー、書こうと思って用意してあったこと一杯あったけど、今日は、この結論でおしまい。

 よく、アメリカでは、年取ってから、大学へ行ったりする、なんていうけど、あれは、失敗。

 それは、若いときに、良い大学へ行った私には、非常に良く分かる。

 あの経験は、若いときに、しておかなければならない。

 現在の私が、ほとんど一人でも、研究をできるのは、若いときに、ものすごく優秀な人達と切磋琢磨したから。


 まゆゆ、私を振ってもいいから、大学へ行く、という選択肢を考えてみないかい。

「代わりもいないので」

って言ってたけど、アイドルとしてのまゆゆになら、代わりはいるよ。

 でも、渡辺麻友にとっての渡辺麻友には、本当に代わりはいないよ。


 まゆゆ、の、崩してない、楷書のサイン。番組の最初に出たの、本物かなっと思って、「最後の制服」という写真集のカバーをはがしました。

 『渡』や『麻』のまだれのはらいが、ほとんど、まっすぐな、まゆゆ、の独特の筆跡。

 まゆゆ、自身のサインだと、分かりました。

 綺麗な字だね。その字なら、東京大学でも、合格答案が書けるよ。

 良く考えてね。

 現在2015年6月15日6時49分である。おしまい。