読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

つぶすのは、簡単だけど、維持は無理

 現在2015年11月20日0時11分である。

 昨日(11月19日)の19時から日本テレビで、『ベストヒット歌謡祭2015』という歌番組があった。

 AKB48 Team Ogi の Schedule で、AKB48が出演するのを、月初めに知った私は、いつもの手帳に、メモしておいて、1週間前に、ブルーレイレコーダーに予約した。

 しかし、今日は、このところ思わしくない、私の頭を、

「どうしたら、以前の冴えた頭に出来るかなぁ。」

なんてぼんやり考えていて、この番組のことを、すっかり忘れていた。


 21時になって、

「麻友さんにツイートしなきゃ。」

と思って、パソコンを起動した瞬間、

「あれっ、このままツイートしていいのかな?」

と、心をよぎるものがあった。

 なんとなく、

「忘れてるものないっ?」

と、見回して、ブルーレイの電源を入れてみた。

「そういえば、さっき、動いてたな。麻友さんのものだったりして、・・・」

と、見てみると、さっきの歌番組が、ちょっと前に終わったところ。

『麻友さんにツイートする前に、神様が、教えてくれたんだな。』

と、心が温まった。・・・というだけだったら、0時なんかになってるわけない。


 歌番組そのものは、そんなに長かったわけではない。

 もうすぐ卒業する、高橋みなみさんのセンターでの、

『唇にBe My Baby』

という歌は、最近のAKB48の歌の中では、結構良かった。

高橋みなみさん、良かったね。」

などとも思ったりして、他の歌も聴いて、やっぱり気になって、もう一度、最初の歌を聴き直した。

 やっぱり、『僕』って言ってる。

 以前、アマゾンのコメントで、AKB48の歌は、女の子が『僕』って言うから、気色悪い、と指摘している人がいて、

「私の好きな、『桜の花びらたち』も、『スカート、ひらり』も、そんなことないけどな。」

と、不思議に思ったことがあった。

 ところが、その後、聴いていると、確かにある。

『僕たちは戦わない』

なんて、題名からしてそう。

 そして、今夜の歌も。

「ちょっと、調べてみよう。」

と思って、Wikipediaで、『AKB48』と検索してみる。

 読んでびっくりしたのは、女の子が『僕』と言うことに、必要性があったということ。

 結局、このモヤモヤとしたものを、漂わせておくことに、意味があったのね。


 というようなことを調べて、こうだったんだよ、とツイートしようとしたとき、はたと気が付いた。

「AKB48も、今は、あんなに豪華に、組織が組み合わさって、きちんとしているけど、さらに10年は、もたないだろうな。」

ということ。

 つまり、

「組織は、つぶすのは、簡単だけど、維持するのは、難しいんだよね。」

という現実。

 でも、

「つぶすのは、簡単だけど、維持は無理じゃない。」

としたら。

 私がいたら、何か出来るのではないか。

 今日は、ここまでにします。

 現在2015年11月20日3時55分である。おしまい。