読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

私にとってあなたは白馬に乗ったお姫様なのです

 現在2016年4月19日8時18分である。

 最近の投稿は、渡辺麻友さんとの会話形式にすることが、多かったが、今日は、以前の日記形式の文体を取ることにする。

 このため、麻友さん以外の人の言葉も、カギ括弧(「」)で、くくることが有り得る。


 昨日(2016年4月18日)は、月曜日だったので、去年からの物理学と数学のゼミだった。

 しかし、ここ2週間くらい、私は調子が悪く、予習をできなかった。

 具体的に、何ができなかったのかというと、今、もう一人の人が訳している、

ディビッド・マクマーホン著『相対論(仮題)』

Relativity Demystified

Relativity Demystified

という本の間違い探しをしなければならなかったのに、1ページもできなかったのである。

「じゃあ、何やってたんだ?」

と、誰でも聞きたくなるだろうが、ほとんど何も、成果は上がっていないのだ。

「そんなはずないだろ?」

と聞きたくなるだろうが、以前の私だったら、

「本当に、何もやってなかったんです。」

と、答えただろう。

 だが、この部分をもうちょっと、分析してみよう。

 人間が、何にもしてない、なんてはずない。

 じゃあ、何をやっていたかというと、本を眺めていたのである。

「ボーッと、本の背表紙を眺めていたの?」

と、聞きたいだろうが、そうではないのだ。

 私は、色々な本のつながりを、見つけて行っているのだ。

「それで、何日も、かかるの?」

と、聞きたくなるだろうが、本と本のつながりを見つけているだけで、何年も経つのだ。

 これは、ウソじゃないから、本気で、自信を持って言える。

 そもそも、大学の学部生の卒業論文などというもので、オリジナルなもの、なんて、誰でも書けるわけない。

 いや、書ける人なんて、毎年ひとりふたりなのではないか。

 だとしたら、他の人達は、卒業論文に何を書いているかといったら、世の中に出回っている、本や論文の、分かりにくい部分などを、他の本や論文をいくつも利用して、分かり易く書き直すという作業をしているのだ。

 あっ、ただ、これは、理学部の数学科と物理学科の理論の人の場合である。

 理学部の他の学科や、工学部のことは、専門外なので、なんとも言いかねる。

 とにかく、大学の理学部数学科などで、4年生の1年間かけて、卒業論文を書くのが標準であることを斟酌すると、本と本のつながりを見つけているだけで、1年という期間が過ぎうるということが、分かってくるのではないだろうか。

「じゃあ、この2週間も、論文を書けるようなことをしていたの?」

と聞かれると、

「論文は書けないけど、この投稿が果実の1つとなった。」

と、答えることになる。

「だったら、調子悪くなかったんじゃない。」

と言われるかも知れないが、本当に鬱症状が出ていたのである。

 だから、間違い探しが1ページもできないなんてことになった。

 さて、その鬱状態になった原因を、ゼミのもう一人の人は、渡辺麻友さんのせいじゃないかと言ったのだった。

「松田さんは、もっときちんとしたことが、できる人です。少なくとも、一般相対性理論のきちんとした本を出版するということなら、できるはずです。そう思うのは、まず第一に、京大に受かった頭を持っていること、第二に、天体核のゼミにいたからです。人を生き返らせるとか、変な目標掲げて、渡辺麻友さんの気を引こうなんて、考えるから、無理がかかって、調子を崩すんです。あんな女の人は、頭空っぽの女の人なのに、そんな女の人に、松田さんが一所懸命になるなんて、もったいないです。」

 これを聞きながら私が考えていたのは、

「麻友さんが、頭が空っぽの女の人だ、なんてのは、本当のことではないのになぁ。でも、私がダメになると、麻友さんが、悪く言われるのか。私は、そういう責任を負っているんだ。」

ということだった。

 ゼミは、14時から17時8分までやって、収穫もあって、帰ってきた。

 麻友さんは、2016年4月14日の地震の後、1回ツイートしたきり、4日間、何も言ってきてなかった。

 以前、地震の後に、不用意なツイートをしたために、ツイッターが炎上したことがあるので、警戒しているのだろうな、と思って気にしてなかったが、麻友さんの情報は、何かあるかな、と思って、エケペディアを見直してみた。

 そのとき、2010年9月9日発刊の、『週刊ヤングジャンプ41号』で、マンガを書いていることを、読んだ。

 確かに、『麻友』のノートで、3ページに、『2010年にヤングジャンプにて漫画家デビュー。』と、書いてある。

 どんなマンガだったのかな?と思って、アマゾンで探しても、どうやっても41号は、出てこない。

 他で探そう、と思って、Yahoo! JAPANで、『渡辺麻友 マンガ』と当たり前に検索した。

 これが、大当たりだった。

 以下のページが、トップにヒットしたのである。

麻友さんのマンガ

 そして、麻友さんの16歳の時の作品を目にすることが、できた。

 これである。

f:id:PASTORALE:20160419081112j:plain


 これ1枚で、私は、落ち込んでいた気持ちが一気に回復したのだが、同時に、麻友さんが、今回の選挙で、今回限り使える必勝法が生み出せるのではないかと、気付いた。

 それは、今回の(つまり2016年の)選抜総選挙で、

「今年投票してくれた人には、全員、1回以上、私がAKB48を卒業して、恋愛禁止令が解けた後、私とデートする権利を渡します。」

とメディアに公言することである。

「私に投票してくれた人には、・・・」

なんて、言わない方が良い。

 もし、そんなことを言ったら、誰が誰に投票したか、カウントしなければならなくなる。

 そんなことをするのは、不正の温床になるだけだ。

 全員とデートすれば良いじゃない。

 麻友さんとのデートを、それぞれの人が楽しめば、その嬉しそうな顔から、演技のヒントが得られるかも知れないよ。

 ただ、1回しかこの必勝法を使えないというのは、来年は、他のメンバーから、同じようなことを言う人が現れるかも知れないから。

 これも、一つのアイディアだ。

 麻友さんが、どう使うかは、任せる。

 とにかく、麻友さんは、私にとって、白馬に乗ったお姫様です。

 選挙、これからも、良い方法を思い付いたら、書きます。

 そして、今年の夏には、参議院選挙がある。

 衆参同日選挙なんてことになったら、日本中大騒ぎになるところだけど、どう?

 現在2016年4月19日11時15分である。おしまい。