読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

ベートーヴェン交響曲第4番

渡辺麻友 音楽映画など

 現在2016年4月5日22時22分である。

「あっ、デート連れてってくれるのね。」

 そうだよ。コンサートだ。

「太郎さんに取っては、昨日が、私と出会って、1年だったのよね。」

 ぴったり1年だった。

 このブログの、『2人の素敵な女の人』という投稿を読むと、その日のことが、生々しく伝わってくる。

「でも、どうして、最初から、私とうまく行くって分かってたの?」

 分かってないよ。

 うまくいったらいいな、と思いながら、手探りで進んでたんだよ。

「どこで、確信した?」

 多分、これに答えると、麻友さんは、そのきっかけが妄想だったと証明して、私に諦めさせようとするんだろうけど。

「どうして、そんなひどいこと。私は、本当に太郎さんを好きなのよ。」

 話してあげようか。

 順々に、段階が上がってるんだよ。


・まず、麻友さんの写真botに、フォローされた。

・次に、フォローされていた、写真botが、落ちた。

・麻友さんのミニコンサートが当たった。

情熱大陸で、私のことをまったく映さなかった。

・『おはよう ご ざ いま すまそん』とツイートした。

・私が、コンサートに行かれないように、入院させられた。


 この一連のことを通じて、麻友さんは、私を好きなのだろうな、と判断しているんだ。

「意地悪なこと、指摘してあげましょうか。」

「その手掛かり、全部、入院前のものね。私が、その後、好きでなくなったかもね。」

 えっ、そんな、残酷なこと。

 そんなこというなら、デート連れてかないぞー!


「ウフフッ。交響曲第4番か。前回は交響曲第3番『英雄』だったわね。」

 前回、映画まで持ち出して、盛り上げたけど、イマイチだったね。

「太郎さんもそう感じてた?私も、最高の曲『英雄』にしては、なんだかはぐらかされたな、みたいに思ってたの。」

 だから、今回は、第4番なんだけれどもね、第3番『英雄』の話もしようと思う。

「リベンジが、かかってるのね。」

 前回、失敗したのは、指揮者の話をほとんどしなかったからだと思う。

「太郎さんは、色んな指揮者の『英雄』を持っているのよね。」

 全部で40種類以上持っているはずだけど、完全に聴き分けられるのは、10人くらいだと思う。





 実は、2016年4月5日のデートは、実現しなかった。

 これを書いていた頃、私は調子が悪く、『英雄』の話を始めたのに、疲れて眠ってしまったのだった。

 そこで、デートの日取りを改めて決めて、再挑戦することとなった。リベンジのリベンジである。



 現在2016年8月18日19時36分である。

 リベンジのリベンジをする。

 こっちの家に引っ越してから、少しずつ持ってきて、今は『英雄』のCDは、16枚になった。ほら。

f:id:PASTORALE:20160813185627j:plain

「あれっ、ボッケボケだけど、パソコンの壁紙、私?」

 そうだよ。前回の時は、ロック画面の大きな麻友さんだった。壁紙は、少し小さい麻友さん。

「常に私が、太郎さんを見つめてるのね。」

 見つめられてるというほど、意識してないけど。

「それで、その16枚の中で、どの指揮者の『英雄』が、一番のお好み?」

 一番聴いている『英雄』を挙げるなら、

シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 [xrcd]

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 [xrcd]

だね。

「特に思い入れがあるの?」

 思い入れがあるという点では、

ハンス・シュミット・イッセルシュテット指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

ベートーヴェン:交響曲第1番/第3番「英雄」

ベートーヴェン:交響曲第1番/第3番「英雄」

の方が上なんだ。

 私が、中学2年生の時、ルパン三世で、『英雄』を聴いて、これを聴きたいと思って見つけ出したオープンテープが、このイッセルシュテットだった。

「じゃあ、30年聴いてるわけね。」

 そう。それに、つい最近まで、私の『英雄』ベスト1は、イッセルシュテットだった。

「どこが、良いの?」

 この曲は、50分くらいの大曲なんだけど、最初の3秒ほどの2つの和音が、命なんだよ。

「最初の3秒が、駄目だったら、全部、駄目?」

 そう。

 この出だしの和音に関し、イッセルシュテットほど、緊迫感のある、目の覚めるような音を聴かせてくれる指揮者はいないんだ。

「じゃあ、どうして、ミュンシュに心変わりしたの?」

 音質だね。

「えっ、太郎さんのこだわる、音質?」

 そう。ミュンシュの方が、丁寧にリマスタリングされていて、音質が素晴らしいんだ。

「太郎さんでも、心変わりするんだー。私以外のおん・・・」

 馬鹿な想像するんじゃないの!

 私が、イッセルシュテットを今でも聴いていることに、変わりはないんだよ。

 ただ、一番聴いているのは、ミュンシュになったというだけ。

「リベンジのデート中なんですものね。茶化して悪かったわ。」

 そうだよ。

 さて、この2人以外にも、素晴らしい演奏は、いくつもある。

 まず、モノラルだけど、

アルトゥール・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

ベートーヴェン:交響曲第3番(XRCD)

ベートーヴェン:交響曲第3番(XRCD)

は、素晴らしい。

 戦前、4大指揮者というと、ウィレム・メンゲルベルクアルトゥーロ・トスカニーニ、ウィルヘルム・フルトヴェングラーブルーノ・ワルターの4人だった。

 この4人は、やっぱりすごいよ。

「太郎さん。何歳なんですか?」

 44歳だけど。

「イヤイヤ。戦前は、こうだった。なんて、言うから。」

 ああ、文献によるとね。

「太郎さんは、トスカニーニ以外の3人も、聴いたことあるの?」

 うん。

 ワルターのは、

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団

が、ボッケボケの写真に写ってるし、

 フルトヴェングラーのは、

ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団(1944年)

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

と、

ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団(1952年)

の2つが、写真に写ってる。

 メンゲルベルクの『英雄』も、持ってるんだけど、いずみ野からまだ持ってきてないだけなんだ。

「ウワッ、本当に聴いてるのね。『英雄』のデートをやり直して良かったわね。」

 これ以外でも、気に入ってるのがある。

 まず、

レナード・バーンスタイン指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

交響曲 第3番 変ホ長調 英雄 / 第7番 イ長調 [DVD]

交響曲 第3番 変ホ長調 英雄 / 第7番 イ長調 [DVD]

がある。

 前回、これのリンクを張ったけど、著作権で問題があったんだろうね、リンクが切れちゃった。

「それで、見られなくなっちゃったのね。」

 うん。

 それから、すっごく恰幅の良い堂々とした演奏をしているのは、

サー・ゲオルグショルティ指揮シカゴ交響楽団(1973年)

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

で、すごく気に入ってる。

「すごく気に入ってるのが、なぜ7番目まで出てこないのよ。」

 だから、私は、『英雄』という曲を、ものすごく好きなの。

 ものすごくよく聴くし、口ずさんでもいるの。

「でも、堂々としてるなら、これが、1番になりそうなのに。」

 私は、1番のものに、ものすごく多くのものを、求めるんだ。

 例えば、麻友さんは、

『お酒は飲めるけど、美味しくない。』

というようなことを言ってたけど、それは、本当に美味しいお酒を飲んだことがないから。

「本当に美味しいお酒って、どんななの?」

 結婚祝いに、買ったらどうかと思ってるんだけど、

『ザ・マッカラン25年』

というお酒があるんだ。

「どんなお酒?」

 これ。

「11万8800円!!ちょっと、ウィスキー1本に、そんなにかけられないわよ。」

 いや、これは、それだけかける価値のあるお酒なんだよ。

「飲んだことあるの?」

 私の父の勤めていた会社の話は、前からしてるでしょ。私の実家のお隣は、その会社の偉い人になっているので、結構お裾分けで、良いものをもらうんだ。

 そんなある日、お隣のご主人はお酒を飲まないので、もらい物を、

『これ、飲んで下さい。』

と言って、もらったのが、これ。

 お酒って言ったってみんな同じようなものだと思っていた私。

『お前も一口飲んで見ろ。』

と、父が渡してきたのを、ひとくち口に含んだ瞬間、舌の上が、場所場所によって違う味がして、とにかくものすごく複雑な味がしたのだ。

『これは、本当に、美味しい。』

と言ったら、

『太郎でも分かった。』

と、家族から言われた。

 とにかく、こんな味がした、などというものではないのだ。ものすっごく複雑な味がするのだ。

 麻友さんにも、若いときに、本当に美味しいお酒を、味わわせてあげたい。

「うーん。12万円はねぇ。考えとくわ。」


 そういうわけで、1番になるのは、音質が良いとか、緊迫感があるとか、堂々としてるとか、楽器の音色が綺麗とか、テンポが適度だとか、色んな要素がどれも優れていなければ、ならないのだ。

 結婚したら、みんな聴かせてあげるからね。


「デートで、私の気を引くには、良い方法かもね。ところで、今日は、交響曲第4番も、聴く予定だったわね。

 そう。実は、ベートーヴェン交響曲第4番という曲は、長いこと評価されない曲だったのだ。

「私も、エピソードすら知らないわ。」

 この曲の素晴らしい演奏をして、有名にしたのは、カルロス・クライバーという指揮者なんだ。

「有名な指揮者?」

 ヘルベルト・フォン・カラヤンレナード・バーンスタインカルロス・クライバーの3人がいたときは、他の指揮者たちにとっては、氷河期だった、と言われるくらい、カリスマ的な指揮者だった。

 このCD、

カルロス・クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団

ベートーヴェン:交響曲第4番

ベートーヴェン:交響曲第4番

は、発売当時、たった31分くらいしか入っていないのに、3000円以上するということでも、驚かせたものだった。

「あっ、そうか。昔は、シングルだったら、8cmのディスクにしたし、MAXIシングルなら安いのが当然だものね。そうすると、これが、ベスト盤ね。」

 まあ、ベートーヴェン交響曲第4番は、これ1枚聴けばいいんだけど、クライバーは、別なオーケストラを振って、DVDも残している。

カルロス・クライバー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

交響曲第7番・第4番 [DVD]

交響曲第7番・第4番 [DVD]

「それにしても、太郎さん。良く調べてるわねぇ。」

 ベートーヴェンは、好きだからね。

 それじゃ、今日のデートの終わりに、私らしい話をしよう。

「太郎さんらしいって?」

 交響曲第1番の時、ベートーヴェンの全交響曲の調性の覚え方を、私流にやって見せたでしょう。

「ああ、最初だからハ長調、そのまま進んでニ長調、・・・というのね。覚えてるわ。」

 あれの、作品番号版をやってみせようというわけ。

「面白そう。やって。やって。」

 これをやるときはね。私流だということに、気を付けなくてはいけない。

 私は、ベートーヴェン交響曲第3番『英雄』と、第5番通称『運命』を大好きだから、

ベートーヴェン交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』』

と、

ベートーヴェン交響曲第5番ハ短調作品67』

は、暗記しているんだ。

 これを前提として、他の作品番号を思い出すわけだ。

 まず、第1番は、ベートーヴェン30歳の時の作品だから、作品番号が、1桁ということは、有り得ない。

 だとすると、10番か11番か12番か?いや、ベートーヴェンは、そんな平凡なことはしない。

 1そして2の逆を行く。『21』つまり、

ベートーヴェン交響曲第1番ハ長調作品21

 次に、第2番は、どうなるかな?英雄が、作品55だということを、知っている。

 逆が好きな、ベートーヴェンである。英雄の前に、作品66なんてことを、やらないか?

 でも、66じゃ、55より大きくて、どう考えても、おかしい。

 じゃあ、6と6かけちゃえ、ということで、『36』つまり、

ベートーヴェン交響曲第2番ニ長調作品36

 そして、

ベートーヴェン交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』

 次は、あっさりしているんだ。有名にならなかった曲なのは、凝ったことをしなかったからなのかも知れない。

 英雄の作品55より後で、第5の作品67の前で、あっさり決まる数といったら、『60』だよね。

ベートーヴェン交響曲第4番変ロ長調作品60

 そして、

ベートーヴェン交響曲第5番ハ短調作品67

 次は、どうなると思う?

 実は、ベートーヴェンには、双子の交響曲が2組あるんだ。

 5番と並行して書かれていた、第6番『田園』が、直後に出来る。

ベートーヴェン交響曲第6番ヘ長調作品68『田園』

 さて、少し疲れたベートーヴェンは、しばらく交響曲を作らない。

 70番台も80番台も1曲もなし。

 さて、90番台に入り、100を前にして、立て続けに書き始める。

ベートーヴェン戦争交響曲作品91『ウェリントンの勝利』

ベートーヴェン交響曲第7番イ長調作品92

ベートーヴェン交響曲第8番ヘ長調作品93

 そして、ベートーヴェン最後の交響曲は、大好きな英雄の作品55の5をさらにもう1個増やして、5×5×5=125となる。

ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調作品125『合唱』


「これ、全部あってるの?」

 もちろん。

「戦争交響曲なんて、初めて聞いたわよ。」

 うん。これは、余り知られていない曲だし、戦争交響曲というけど、交響曲じゃないんだ。

「どうだったら、交響曲になれるの?」

 ソナタ形式と呼ばれる、主題提示部、展開部、再現部、結尾部、という4つのパートからなる楽章を含んでいないと、交響曲の形式を満たしていないと、判断されてしまうんだ。

「じゃあ、覚えやすいように、どうでも良いものを、引っ張り出したわけね。」

 そういうこと。

「太郎さんは、この数字、全部、覚えてるの?」

 良くかける曲の作品番号は、覚えちゃってる。

「それにしても、太郎さんが、音楽のデートに誘ってくれるっていうから、どんことになるかと思ったけど、本当に太郎さんらしい、デートね。

 褒め言葉と受け取っておきます。

 『CROW’S BLOOD』が、もう少しで終わるね。

「見終わったら、お手紙ちょうだいよ。待ってるんだから。」

 間接的に触れられるのは、やっと2回目だものね。

「デートの最後に、手をつなぐことも出来ないなんて。」

 手をつなげたときの喜びが、何倍にもなる。

「さようなら。太郎さん。」

 さよなら。

 現在2016年8月18日23時11分である。おしまい。