相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

この世界の本当の姿は?4

 現在2018年4月1日17時37分である。

「太郎さん。4番目って?」

 私は、この題で、既に3回投稿しているんだよ。

「じゃあ、これまでの3つも読まなければダメ?」

 いや、今回のは、まったく新しい考えを提示したものだから、前の3つは読まなくていい。

「私は、登場してないのね」

 これは、私の『解析入門Ⅰ』を勉強しているノートに書いたものだから、麻友さんは、登場しないし、前半は、数学と物理学の話になっている。

「長いわね」

 麻友さんや、数学に興味がない人は、私が、(*)マークを付けたところから読み始めて、最後まで読んで、余力があったら、前半を読むと良い。

「どうして、前半があるの?」

 私が、こういうことを考えているうちに、宇宙のことを考え始め、やがて、次の事実に気付いたということを、途中のギャップなく説明するためだよ。

「次の事実って?」


 この宇宙(私が、広義の宇宙と言っているもの)は、宇宙の始まりがどうであろうと、そこから生じてくる色々なことの、すべての可能性に対して、全部の場合が全部書き上げられているものだ、ということ。

 私達は、全部の可能性が書き上げられている広義の宇宙の中を、旅行しているに過ぎない。

 あなたが、自分の意思で、頑張って戦争をなくしたとしても、それは、広義の宇宙の中の、そういうことが書いてある部分に行ったというだけのこと。

 西暦2018年に、全面核戦争が起こっているということが書いてある、広義の宇宙の中のその部分を、あなたは、どうすることもできない。

 あなたが、西暦2018年に、全面核戦争が起こらないという部分を通るように、自分の進路を決めることのみが、できることなのだ。

という事実だよ。


「ものすごい悲観主義ね」

 ところがどっこい、どんでん返しがある。

「全部の可能性が書き上げられているということは、この宇宙では、オリジナリティなどというものは、ないのね」

 そうだよ。

 どんなに、モーツァルトの曲が素晴らしいといっても、CDの0と1を並べ替えるだけで、モーツァルト誕生以前にも、作れるものだったのだから。

「CDという技術は、モーツァルト以前には、なかったけれどもね」

 こうは言えるね。今後、

『これは私のオリジナルの曲だ』

という人がいても、完全にコンプリートしたCDの山から、同じ曲を、持ってこれるとね。

「じゃあ、太郎さんは、オリジナリティというものを、認めないの?」

 そんなことはない。

 オリジナリティは、時間制限を設けることで生じてくる。

「コンプリートしたCDの山から見つけ出すより、作曲する方が、遙かに速いのね」

 そういうことだ。

「それじゃ、始めていいわ。私は、(*)を探せば良いのね」

 そう。



 私の初等関数のノート

2018.3.11 16:59:53

解析入門 ?(基礎数学2)

解析入門 ?(基礎数学2)


 杉浦光夫『解析入門Ⅰ』 第Ⅲ章 §2 問題

1)次の整級数の収束半径を求めよ.

(ⅱ){\displaystyle \sum \frac{1 \cdot 3 \cdot 5 \cdots (2n-1)}{2 \cdot 4 \cdot 6 \cdots 2n} \frac{z^{2n+1}}{2n+1}}

 {f(z)=与式}

と置き、両辺を複素微分する。

{\displaystyle f^{\prime}(z)=\sum \frac{1 \cdot 3 \cdot 5 \cdots (2n-1)}{2 \cdot 4 \cdot 6 \cdots 2n} z^{2n}}


である。

 第Ⅰ章 §3 問題 1) (ⅶ)より、

{\displaystyle a_n=\frac{1 \cdot 3 \cdot 5 \cdots (2n-1)}{2 \cdot 4 \cdot 6 \cdots 2n}}

は、極限が0の数列である。

 ところで、


(ここから、私が、注釈を付け始める)


 研究者注

 この数列が0に収束するとする根拠を『解析入門Ⅰ』で捜していて、ウォリスの公式に出会った。

 それを、『解析入門Ⅰ』の31ページに書き込んでいて、以前私が、


『実数の小数展開の和積の通常の計算が、この本の実数の和積と一致することを言わないと、小数展開と実数が同型だと言えない。

 {356 \times 48} を、

{(3 \cdot 10^2 + 5 \cdot 10 + 6)(4 \cdot 10 + 8)}

 {=3 \cdot 4 \cdot 10^3 + ( 3 \cdot 8  + 5 \cdot  4 )10^2 + (5 \cdot 8 + 6 \cdot 4 )10 + 6 \cdot 8}

だから、言えるか。小数部分は、整級数の絶対収束性を使って、定理 5.8 に持ち込む。厳密には、

{x_0.x_1x_2 \cdots x_n 00 \cdots }

と、

{x_0.x_1x_2 \cdots x_{n-1}(x_n-1)999 \cdots}

を同値とした商集合が、実数と同型。

 2016.11.25 18:45』


と書き込んでいるのを見て、実数とは、

{r:\mathbb{Z} \to \{0,1,2,3,4,5,6,7,8,9 \} :写像}

のうち、ある {m \in \mathbb{N}} に対し、

{n<-m} となるすべての {n \in \mathbb{Z}}

に対し、 {r(m)=0} となるものと、定義できるな、と思った。

 次の瞬間、ある桁以上を0にするという制限を外したらどうなる? と思い加藤文元さんのネバーエンディングナンバーを思い出した。


(ネバーエンディングナンバーとは)

 これについて、知りたい人は、雑誌『現代数学』2017年11月号(現代数学社)数学教室訪問31加藤文元さんについての記事。及び、Un Petit Puits No.50(湧源クラブの発行する雑誌)に載った加藤文元さんの原論文参照。


 私は『体とガロア理論』で、まだヘンセルの補題を読んでいないので、文元さんの論文を読んでいないのだ。だが、あの論文は、繰り込みに使えるアイディアを論じたものかも知れない。

 だとすると、体論を極めれば、繰り込みの秘密が見えるのかも知れない。

 数学者たちは、私が気付くまで、それを公表するのを控えているのかも知れない。

 だったら、劣等生の私が、それを勉強すれば良いのだ。

 私ならできるよ。後、残っている本は、『解析入門Ⅰ』,『解析入門Ⅱ』,『数Ⅲ方式ガロアの理論』,『体とガロア理論』の4冊だもの。



(偶然ついていたテレヴィの番組のことを書き始める)

 NHKの『これでわかった』という番組で、

備える  暮らす  伝える

が、重要なんだけど、世界のみんなはどうしてるのかな? と言っていた。

 地震に備え、暮らしていて、地震が来たのを伝えるのが重要だということだった。


 繰り込みに挑戦しようと備えて、日々それを意識して暮らしていて、証明できたら、それを知らせる、つまり伝えるのが重要ということだと、勝手に解釈した。


 実は、3.11の日だったからこの番組をやっていたのだった。


(この辺りから、繰り込みというものの秘密が分かれば、量子力学に数学的な基礎付けができ、宇宙の謎が解明できるという発想に到着する )

 私の3番目の入院中のこと。(このブログでは、『ハグされちゃった』という記事に書かれている)


 この世界の最初を決めても、あの馬頭星雲ができることを計算できないと悟って、科学を限界のあるものと知ったのですよ。と言ったら、あの、後3年で牧師になれるという人は、

『私ならそれを絵本にするなあ』と言った。

 それを聞いて、そんなことじゃないんだよ、と思ったのだった。



(*)



 この宇宙(広義の宇宙)とは、世界で起こるあらゆる可能性が、全部書き上げられているものなのだ。

 例えば、『昨日、渡辺麻友さんが、殺された』という可能性も、『昨日、渡辺麻友さんが、殺されなかった』という可能性も、書き上げられている。

 それぞれの人は、そのすべてが書き上げられている宇宙を、旅しているのだ。

 そして、生まれた初めのうちは、なかなか自分の思ったように、自分の動きを操縦できない。ましてや、周囲の世界は、思うようになってくれない。

 そのまま、死んでしまったことになる人もいるのだろう。

 だが、人によっては、自分の動きを上手く制御できるようになる人もいる。

 それが、まともに生きている人のほとんどだ。

 一方、人の中には、自分の周囲のことも、上手に制御できるようになる人もいる。

 先ほどのすべて書き上げられてある宇宙で、自分の思っている通りに、周囲が動いてくれているような世界の部分にまで、到達した人である。

 その人が指導者なら、周囲の人々をまとめ上げ、戦争のない平和な世界を、作るかも知れない。

『そんな人が、現れてくれれば良いのに』

と、思う人もいるだろう。

 ところが実は、現れているのである。

『あなたなのか?』

って?

 そうではない。

 その、周囲が思っている通りになる人というのは、その人のいる辺りの世界が、その人にとって思い通りになって平和になっているだけで、その人が到達した世界にまで、自分を操縦して行っていないあなたは、そこまで行くまで、その人の統治する平和な世界を、味わえないのである。

 平和にしたかったら、あなたが、平和にしようと、しなければならないのである。

『そんなの、無理だ』

と、思うだろうか?

 そういう人は、この宇宙というものが、全ての可能性を書き上げたものだ、ということが、分かっていない。

 人を殺してしまった人が、人を殺してなかったということにして欲しい、と思っても、そんな可能性ゼロじゃないか? と思うだろうか?

 それは、あなたが、人を殺したのが取り消せないと、諦めているからだ。

 その殺してしまった人の遺伝子を手に入れ、その人を生き返らせて、もとの軌道に戻して、

『私、人を殺してませんよ。一時、眠らせてただけです』

と言えるところまで、数学と、物理学と、化学と、分子生物学を学べばいいじゃないか。

 そして、それは、できることのはずだ。


 私は、それを数学的に完璧に証明するまで、人を殺して実験してみようとは思わないし、もし証明できたとしても、人を殺して試してみたりはしないだろう。

 コンピューターシミュレーションで、試すぐらいが、私の証明のチェックの仕方である。

 このように、人を殺した世界からも、殺してなかった世界に行けるのだから、戦争のさなかにいる人でも、本当に平和のために努力すれば、平和な世界に行ける。

 そんなこと、本当は、あなただって、分かってるんじゃないのか?


 それなのに、戦争になると儲かるから、なんて思って、軍事開発もしている会社の製品を買う。軍備を国が整えていても、黙認する。だから、戦争がなくならないんだ。

 戦争があって良いことは、お金が儲かることと、戦争をアメリカがしているときのアメリカ大統領が、選挙で負けたことがないことと、戦闘機やミサイルがカッコイイことと、人々の感涙を誘う悲しい戦争映画の話題が得られること。

 これ以外にあるか?

 人を生き返らせられても、戦時下だったら、ゆっくりそれをできないんだよ。


 だから、戦争は、映画の中と、コンピューターの中と、プラスチックの球を使った戦争ごっこと、ラジコン飛行機での空中戦だけにすべきなのだ。

『でも、お金が儲かるから・・・』

と、あなたは、言うだろう。

 結局、昔から、すべては、お金の概念ができてから、始まっているのだ。


 でも、私は、信じているよ。

 あと8年以内に、この世界から、お金という概念がなくなった世界の方に、私が進んで行けるということを。

 私の周囲は、お金という概念がなく、『責任取れよ』などという言葉が、死語になっている世界に8年以内になる。そういう世界を良いと思う人は、新しい世界で、お金がそうだったように、親がお金持ちだったから、良い思いをできる子と、親が貧しいために、あぶれてしまう子の、両方ができてしまうというのを、改善して、お金に置き換わるものを、考えて欲しい。

 新しい価値観を生みだす、良い案を提案して欲しい。


 私の案では、


(1)どの子にも、同じ程度(この『程度』の測り方が難しい)の価値のものが、行き渡るのだが、どの子も、自分は天才だと思って生きられるように、他人の持っている価値のあるものが、大したものでないと思えるように、微妙に見え方が調整できるようにする。

(2)それぞれの国が、それぞれの持ち味を持っているのに、お金をその新しい価値の尺度に置き換えたことによって、その持ち味がなくなったら、残念だから、仕組みを工夫する。

(3)すべての人が、それぞれの好みを持っていていいが、その好みに合わないことについても、一応の知識を持つように、何歳になっても、新しいことをある程度取り入れるように、すべての人に強制する力を持たせる。これは、呆けないためである。私はこのためのひとつの方法として、全員に、10年に1回新しい電子辞書をプレゼントするのが、良いのではないかと思っている。

(4)二度とお金のような、不平等なものが生まれないように、新しい価値の尺度は、不満を持つ人が現れたら、速やかに尺度の方を修正できるように、柔軟なものとする。


というようなものを、生み出そうと考えている。

 これに適合するもの、または、もっと良い案を提示してくれた人には、8年後に、それを実行に移すため、協力をお願いしたい。

 今日書けることは、以上である。

 2018.3.11 20:26:20

 ニュースで、東日本大震災を忘れたくないと悲しむ、人々の声を聞きながら。



 以上、初等関数のノートより。


「これが、太郎さんの世界観なのは、分かったけど、日本が軍備を整えるのを、多くの国民が、黙認してるのは、戦争になるとお金が儲かるからじゃないわよ」

 じゃあ、何のためだい?

「他の国から、攻撃されたときの防衛のためよ。だから、『自衛隊』って言うんじゃない」

 それは、確かに、国民は、そう思わせられているだろう。でも、あの高額な兵器を作って納めている会社にとっては、戦争はドル箱だ。

「つまり、太郎さんは、国民が、騙されているというの?」

 ある意味、騙されている。

 自衛隊にしても、原子力発電所にしても、あんなもの本当は、いらなかったのだ。

「でも、自衛隊員も、原子力発電所で働いている人にしても、あの仕事で、お金をもらっているのよ。あの人達から仕事を奪う権利は太郎さんにはないわ」

 お金がなければ、生活できないと、思ってるからでしょ。

 『働く』という概念を、改めましょうと、言ってるんだ。

「太郎さんが、自衛隊をなくしていいと言うからには、他の国から攻められる可能性をゼロにできるの?」

 私の言う、新しい価値の尺度は、全世界に認めてもらうつもりだよ。

 だから、地球上から、あらゆる兵器は、博物館送りになる。

「世界平和なんて、本当にできたらねぇ」

 茶化して悪いけど、『デート』というドラマで、依子さんは、絵馬になんて書いたんだっけ?

「太郎さんは、『「松田さんと結婚するより世の中の人につくしたい」と言いそうなまゆゆと結婚したい。』と、ツイートしてきたのよね。でも、私は、依子さんみたいに、絵馬に『世界平和』なんて書けるほど、強くはなれないわ」

 いいんだよ。その麻友さんの弱さだって、魅力のひとつだ。

「太郎さんは、どうしてそんなに、強くなれるの?」

 実は、この投稿は、これで終わりではないんだ。

「えっ、この後、どう続くの?」

 私が、なぜ非力でありながら、こんな投稿をしたかということを、書くんだ。

「ちょっと、長くなり過ぎたから、止めるのは、意味があるかもね」

 そう。

 それじゃ、今日は、これで、バイバイ。

「バイバイ」

 現在2018年4月2日14時02分」である。おしまい。