読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

なぜ、つまらないことにこだわったか

 現在2010年9月7日17時59分である。

 最近、ブログを更新していなかった。私のパソコンが、立ち上げるのに、1時間近くかかるので、なかなか、ブログを書こうという気が起こらなかったのである。

 それはそうと、私が、このブログを一度閉じた後、また再開したばかりの時、「拝啓 通りすがりさん」という投稿を、2009年12月26日に書いていた。

 普通の人が読んだら、なんでこんなつまらないことを書いたのだろうと、首をかしげるような内容だった。

 今日は、その投稿をした理由を書いておこうと思う。

 それが、このブログにおける、私の誠実なやり方に沿ったものであろうと思うからである。  問題は、2007年9月5日に、私が、恋愛について、投稿したとき、

「夜眠れない、とか、仕事に集中できないとか、おしっこがでにくくなる、なんて言うのも、性欲の表れなのだ。

と、書いたことから始まっていた。

 私は、誠実にいうと、ここで、

「便秘するのも性欲の表れなのだ。」

と、書こうかと思っていたのだった。だが、小便の方が、より伝わりやすいし、小便が出にくければ、大便も出にくくなる、と、想像してもらえるのではないか、と思って、「おしっこ」と、書いたのだった。

 ところが、これに対し、通りすがりさんが、
 
>それね、実は膀胱頚部の硬化による排尿障害。
>結構多いんだよね。で若いうちからおきるらしい。

という、反論を書いてきてしまっていた。私としても、もう一度、大便と、書き直そうかと思ったが、こういう汚い話で、ブログを汚したくなかったので、そのままにしてしまった。

 しかし、そのことが、頭の片隅にあって、ずっと気になっていた。

 そこで、ブログを再開したとき、そのことを、投稿したのだった。

 私が、なぜ性欲がたまると便秘すると気付いたのかというと、話は大学時代にさかのぼる。

 大学の3回生だったとき、私は、分子生物学の女の人に恋していた。それが、初めは、精神的なものだけだったけれども、1年くらいたつと、肉欲も伴うことになった。

 その頃、私と分子生物学の女の人が属していたグループで、時々、集まりがあった。そのグループの人達は、私が、分子生物学の女の人に恋しているのを知っていた。

 その状態で、分子生物学の女の人は、サンフランシスコへ行ってしまった。

 後に残った私から、色々聞き出そうとしてか、グループの集まりで、分子生物学の女の人の話題が良く持ち上がった。

 そんなとき、恋が、性欲を伴うものになっていた私は、よく便秘をしていた。便秘をしていると良くあることだが、私は、よく、臭いおならをした。

 グループで、私におもしろ半分で近づいていた人達は、私が、おならをすると、よく、それを笑っていた。

 また、トイレに入っていると、長い時間いるので、誰かがノックする。そうすると、私に余り好意を持っていなかった、スタッフの人が、わざとらしく、

「ソッとしておいて、あげて下さい。」

などということをいうのが聞こえてくる。

 こういうことがあったので、私は、

「性欲がたまると、便秘するようだ。」

ということに気付いたのだった。

 実際、フロイトも、性欲の発散と、排便のことを関連づけているし、別に、おかしな推論をしたわけではなかった。

 そして、それをブログに書くとき、そのまま正直に書けば良かったなと、思っていたわけである。

 通りすがりさんは、医学部を出ているわけでもないのだから、その人のいうことをまともに受ける必要もなかったのだが、今回、「拝啓 通りすがりさん」に対して、書いてきた、コメントも、鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん、というようなものであり、何も書けないのを明らかにしてしまっている。

 こんな訳で、私の迷走した、性欲の話は、これで終わりとすることにする。

 私のブログをこれ以上、汚すのは、よそう。

 しかし、私としては、誠実に書いたつもりである。

 性欲と、便秘を結びつけるのは、そう思いたくない人は、思わなくても良い。だが、失恋などをして、性欲に悩まされた人などは、心に思い当たることがあるのではないだろうか。

 それでは、今日はここまで。

 現在2010年9月7日19時02分である。おしまい。