読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

ビューティフル・ラブ

 現在2012年12月5日0時17分である。

 今日のオススメは、昨日、グライダーの親友に紹介した次の本である。

ビューティフル・ラブ

著者:アン フーパー
販売元:河出書房新社
(1993-08)
販売元:Amazon.co.jp

 森川那智子(もりかわなちこ)監修で桂ケイという人が訳したものである。
 リンクをクリックすれば、表紙の写真を見ることができる。アフィリエイトにもなっている。

 私が大学3回生の時に出版され非常に綺麗な本だったので、私は買ってきてずっと持っていた。

 私にしては珍しく、全部隅から隅まで読んだ本である。

 性の問題に悩む、若い人から、大人まで、幅広く需要のある本だと思うのに、なぜか絶版になっている。
 でも、アマゾンでなら、古本がかなり安価で手にはいる。

 この本のどこが優れているか。

 それは、著者のアン・フーパーさんという人が、自分でも、セックスをエンジョイしていて、楽しくてたまらない、という思いで、書いている点である。

 また、123ページのHIV感染の原因というところでは、非常に危険度の高い行為として、「フェラチオ、特にクライマックスに達するフェラチオ」とあり、口でやれば、エイズにはならないだろうという、安易な考え方の男性には、目から鱗であろう。

 この本の唯一の弱点を挙げるならば、フェラチオとクンニリングスの写真はあるのに、69(シックスナイン)に触れていないことであろう。残念なことである。

 最後に、私が、2001年7月27日に読了して書き込んだ感想を書いておこう。


 1年以上かけて読んだ。忘れてしまったこともあるが、とにかくセックスというのは普通に考える以上に難しいという事が分かった。お互いがよく話し合わなくてはうまく行かないということも分かった。よくこれだけの本を書いたと頭が下がる。


というものである。

 とにかく、フルカラーで綺麗な写真が満載の本である。グラヴィア雑誌の写真とは全然違う、素敵な発色の裸体に目を奪われることであろう。

 これ以上書くと、書きすぎになるので、今日はここまで。

 現在2012年12月5日1時47分である。おしまい。


 追記

 2012年12月19日2時25分一部修正した。