相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

生活激変

 現在2008年4月25日22時12分です。

 昨晩、尻切れトンボの投稿をして、寝たのであったが、今日は、かろうじて起きることができて、遅刻もほとんどせずに、「ねくすと」という施設に行ってこられた。

 昨日は、ねくすとというところでどんなことをしているのかも書こうと思っていたのだが、話がそれてしまったので、今日書こうと思う。

 まず、昨日は、パソコンの練習の日だったので、一人ずつ1台のノートパソコンを渡されて、それぞれの人の進度に合わせて色んなことをやっていたようである。私は2時間も遅刻して行ったので、まず、初めて触るWindows Vistaというもののいくつかの操作法を教わった。

 私は以前から感じているのだが、パソコンのソフトというものは、新しくなるほど、画面から文字が減り、絵で意味を表したアイコンが幅をきかしてくるようである。

 以前、AutoCAD LTというものの97年バージョンから、98年バージョンに変わったとき、それまでは、きちんと文字でも意味が書かれていた選択ボタンが、絵だけで意味を表してある選択ボタンに変わって、これでは、昔から使っている人は、同じ感覚で使えるだろうが、初めてCADを触る人は、マニュアルとかヘルプに頼らなくてはならなくて、大変だろうな、と感じたことがあった。

 まあ、BASICも、Visual BASIC になってからは、イヴェントドリブンになって、以前のように、画面いっぱいに、行番号の付いたプログラムが表示されることがなくなったりしてきているし、大抵のものが、アイコンをクリックするだけで、なんとかなってしまうように、なってきているのがパソコンの現状だから、その最先端を行くマイクロソフトのWindows Vista が、アイコンだらけになるのは分かるのだが、文字で、書いてあるのを、ある程度勘で意味を探りながら、初めてのことをするのに慣れていた、独学派のパソコンユーザーとしては、絵だけのアイコンでは、意味を推量するのが、結構やっかいで、仕方なく、先生に質問せざるを得ない。

 ああいうプログラムは、パソコン教室の先生の雇用を増やすために、却って難しくなってきているんじゃないか、なんて思えたりしたものだった。

 まあ、とにかく、初めてWindows Vista というものを立ち上げ、Word 2007 で取りあえず、漢字カタカナ交じりの単語の列を入力して、自分の現在のパソコン技量を示した後、「地図を作ってください。」と言われたので、CADとの使い勝手の違いに泣かされながら、オートシェイプで途中まで、頼まれた地図を書いたところで、昨日は終わった。

 お昼のお弁当をメンバーの何人かとしゃべりながら食べて、帰途に着いた。

 さて、一晩寝て今日は、就労準備講座というメニューであり、まず、社会にある会社の仕組みを少し勉強しましょう。ということで、百貨店業界ではどこが売り上げを伸ばしているかとか、スーパー業界ではどこがトップか、コンビニ業界ではどこが一番景気が良いか、なんてことを簡単に説明してもらうところから、始まった。

 その時、コンビニ業界ではセブンアイホールディングスが、トップですというのを聞いて、「その、ホールディングスというのは何ですか?」と、私が質問したので、「じゃあ、それを来週までに調べてくるのをあなたの宿題にしましょう。」ということになった。

 他にも色々宿題を出され、まともに取り組むと、来週までには結構大変。でも、こういう風に、自主的にやることを作ってくれるというのも、私達障害者に社会のことを教えてくれるための大切なプログラムの一環なのである。

 それから、次は、他人と会話をするときの、会話の内容を充実させましょうということで、まずは、「出身地の家のそばから出た有名人はいませんか?」なんていう質問もされ、それも宿題になった。大体において、統合失調症とかになっている人の多くが、社交性がちょっと、普通の人のレヴェルより低い人が多いので、芸能人の話とかも、付いていくのが苦しかったりする。

 先生はそういうことが良く分かっているので、うまいこと痛いところを突いてくる。

 それで、どんどん宿題が増えるのである。まるで、出来の悪い小学校1年生みたいである。

 次は、「なぜ働くのでしょう?」なんていう質問をしてくるので、私は、「真理を見つけるため、とか、美しいものを見つけるため。」と、答えようと思っていたら、いきなり最初の人が、「生活の基盤をしっかりさせるため。」なんて答えたので、私は、びっくりしてしまった。

 結構みんな、私よりはまともな答えをしてましたよ。出来の悪い小学校1年生は、落ちこぼれながらも、しっかり自己主張はしてきましたが、かなり目から鱗でしたね。

 今日はそこまでで、私はたくさんの宿題を来週までにやってきます、なんて宣言しちゃって、どうなるかなあ、なんて思いながら、またメンバーの何人かと、お昼を食べ、食器を洗って、戸棚に戻してから、帰ってきた。

 昨日は2時間も遅刻して、1時間しか参加せず、今日3時間やっただけなのだが、私の精神状態も、健康状態も、目覚ましく改善された。

 もう自殺したい、なんて言う気持ちは吹っ飛んでしまい、新しいところで、これからどうやって楽しくやっていくか、ということを考え始めた。

 幸い、私がつまづきやすい、恋愛の対象になりそうな、美人はいなかったので、その問題が起きないのは、私としては、ほっとした。もうしばらく、恋愛の問題とは、離れていた方が、安全である。

 誰かの言っていた、「生活の基盤」がしっかりしてからの方が、そういう問題に取り組むには、困ったことが起こらなくて良い。

 だが、こればっかりは、美人がいると私は、すぐ気にかけ始めてしまうので、本当に、もし美人がいたら、大変なところであった。私の場合、これは一種の病気であり、数学が美しいから好きというのと同じで、美しい人がいれば、好きになってしまうのである。

 まあ、ご主人のいる人に手を出すとか、そういうことはないので、以前いた新横浜のデイケアでは、担当になってくれたケースワーカーの人を好きだったが、その人は結婚していたので問題を起こしたりはしなかった。

 あのケースワーカーの人のことは好きだったので、今だったら、ブログのアドレスを教えるところなのだが、私がデイケアを辞めた後、その人もすぐ辞めてしまったので、連絡が取れず、今では音信不通である。

 もの凄い美人ではなかったのだが、とても素敵な人だったのである。今日はその人のことを思い出したところで、終わることにしようか。

 現在2008年4月25日23時41分です。おしまい。