読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

我が父に捧ぐ10

 第10章 最後の問題

 

 ただ、残念なのは、人間というのは、頭で分かっても、それを実行する段階になると、複雑に心が絡み合ってしまって、なかなか思い通りに行かないことである。

 

 

 私が、いつまでもこの問題から離れられないのは、あのサンフランシスコへ行ってしまった、分子生物学の女の人を、今でも心のどこかで愛していて、初体験をするなら、あの女の人としたい、と思っているからなのかも知れない。

 

 あの女の人の欠点を挙げだしたら、切りがない。

 

 パーティー好きで、ロバート・レッドフォード主演の「華麗なるギャツビー」という映画に出てくる、女の人のように、私が死んでもそれほど気にかけないだろう。

 

 分子生物学では、一流の研究者なのだろうが、人間としては偏っていた。エリート意識が強く、エリートではない人のことを、虫けらか大腸菌のように思っているところがあった。

 

 しかし、そういう欠点も含めて、私は彼女を愛していたのだった。そして今も・・・

 

 彼女は私がどういう思いで、彼女を見ていたか、分からなかったのだろう。