読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

分かりにくかったのだろうか2

私がどういうことをしようとしていたのか、分からないのだろうか。
簡単に具体例を作って説明しよう。
私が大学3回生の時に恋した対象は、京都大学医学部の物凄い秀才だった。ファン(?)だった男性は多かったと思う。
そこで、彼女に恋をした私は、自分だけで彼女を独占するのはもったいない、と思ったのだった。
もちろん、ステディは私かも知れないが、他の男性が彼女に恋をした時には、彼女と一夜を過ごす権利をあげても良いのではないか?
彼女の美意識が許せば、の話だが。