相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

初の研修日

 現在2007年4月20日23時09分です。

 本当は昨日研修があるはずだったのだが、雨だったので、明日来てください、と言われ、がっかりしてそのまま寝てしまったのでしたが、今日は晴れたので、ちゃんと研修をしてもらえました。

 朝は7時半に起き、シャワーを浴びて、今日は、ガラスビンのゴミの日なので、クリープやコーヒーの空き瓶を捨て、ついでに、駅の近くの郵便局で、リサイクルに出すパソコンのモニターの処理費用を振り込み、転居届も出して、余裕で池袋まで行きました。

 唯一つ気がかりなことがありました。それは、チラシを配るときに指にはめる指サックがなかったこと。前の日にコンビニエンスストアとか探したのですが、見つからなかったのです。

 池袋で、まだ9時なので、ほとんどの店は閉まっていて、100円ショップも開いてなかったので、どうしたものかなあ、とうろうろしていました。

 一応、どうしても見つからなかったときのために、ゴム手袋は買ってあったのですが、やっぱり指サックが欲しい。

 そう思いながら、朝早くから開いていた、薬局へ行って、

「紙をめくるときに使う、指サックってありますか?」

って聞いたら、

「紙をめくるためのものではありませんが、指サックならあります。」

という返事が返ってきた。つまり、看護婦さんなどが、試験管などを扱うときに使う指サックだったのだ。

 それでも良いからと言って、男の人の小指用の細いものを買った。私は華奢な指で、人差し指も細いので、普通に男の人の人差し指用のものを買ったら、ブカブカになってしまうのだ。

 そんなわけで、懸案事項も解決して、研修に臨んだ。

 営業所から1Km位離れた1ブロックを指定され、ポストにチラシを入れ始めた。

 10時50分に始めて、2時間で280枚くらい配った。それから食事をして、15時までに600枚くらい配った。

 15時には電話を入れなさいと言われていたので、営業所に電話して、

「600枚くらいです。」

といったら、じゃあそこまでで帰ってきてください。といわれた。

「やっぱり私は遅いからなあ。」

と心配しながら、戻って、報告した。

 あらかじめ、

「チラシを入れたら、警察に連絡するとか、管理人さんに駄目だと言われたら、そこは住所とマンションの名前を控えて、入れないように。」

と言われていたので、その未投函建物のリストを見せた。

 そうしたらものすごくびっくりされて、

「こんなに未投函建物があったら、600枚のわけだよ。」

と言われた。

 私はバカ正直に、チラシを入れないでください。という建物は全部控えていったのだが、そんなことをする必要はなかったと言うことだった。

 よっぽど

「絶対チラシを投函するな!」

と書いてあるところ以外は、入れても良かったのだそうだ。

 そんなわけで、研修の1日目は、私が心配した、

「もう明日から来なくて良いよ。」

と言われることはなく、無事終了した。無事かどうかは分からないが・・・

 一日外を歩いてきたら、とても気分が良くなった。このアルバイトが続けられるのなら、当分このアルバイトをやっていこうと思う。

 頭が疲れるわけでもないので、数学や物理の勉強にも支障を来さない。一度慣れてしまえば、それ以上新しいことを覚えなくても良い。健康にも良い。

 これだけメリットの揃った職は少ないだろう。

 と言うわけで、私の研修の第1日目は順調な滑り出しを見せたのであった。

 さあ解析入門Ⅰを写そう。

 現在2007年4月20日23時42分です。おしまい。