相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

ビゼーの「アルルの女」組曲

 現在2006年9月26日18時33分です。 

 今日は久しぶりに音楽の話をしよう。

 今月の18日の敬老の日に、私は秋葉原へ行った。中島みゆきの「元気ですか」というアルバムを買うつもりだった。

 しかし、いつものようにまずクラシックのコーナーを覗いた。そうしたら、オトマール・スウィトナー指揮、ドレスデン・シュターツカペレ演奏による、モーツァルト交響曲第41番のCDがあった。その帯についていた、宇野功芳の評を見たら、41番のことは何も書かずに、このCDと同じ会社が最近出した、レーグナー指揮のビゼーの「アルルの女」が素晴らしかったと書いてあった。

ビゼー:アルルの女第1組曲&第2組曲&子供の遊び&美しきパースの娘

 上にリンクを張ったのがそのCDで、その評がとても良かったので、ビゼーなんて聴いたこと無いけど、そんなに良いものなら、一度聴いてみようか、という気になった。

 それで、中島みゆきは諦めて、そのCDを買ってきた。

 家へ帰ってきて、早速オーディオの電源を入れて、「アルルの女 第1組曲」からかけた。

 そうしたらびっくり!

 今までに何度も聴いたことがある、良く知ったメロディーが流れてきたのだ。

「なんだこれが、アルルの女 だったのか。」

と、思った。冒頭の印象に残るメロディーが何度も繰り返される。そして、続いて入っている、「アルルの女 第2組曲」のメヌエットも聴いたことがあった。最後のファランドールでは、第1組曲の冒頭の旋律がまた繰り返される。

 初めて聴く曲でも、聴いていて知っているメロディーが出てくると、嬉しくなるものだ。人間は、一度でも耳にしたことのあるメロディーに出会うと、懐かしい、という気持ちもあって、好感を持つもののようだ。

 そんなわけで、一回聴いたら忘れないような、美しいメロディーのビゼーアルルの女組曲は、私のCDコレクションの大切な1枚となった。

 まだ発売されたばかりだから、売り切れにはならないだろうから、皆さんもぜひ耳を傾けて欲しい。これは、一聴に値する名盤である。録音は1974年だが、音質は十分良い。

 それでは、この投稿はここまで。

 現在2006年9月26日19時03分です。おしまい。