相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

数Ⅲ方式ガロアの理論を始める

 現在2006年8月1日23時05分です。

 解析入門Ⅰと平行して、数Ⅲ方式ガロアの理論も始めよう。

数Ⅲ方式ガロアの理論











 

数III方式ガロアの理論―アイデアの変遷を追って

 以前既に一回、このカテゴリーで投稿して、次回は第2章から始めます、と書いたが、せっかくだから第1章から始めよう。

 私の本には、1989.2.13   1991.4.29

1994.10.24   1995.6.12

1998.12.2    1999.1.30

と、2回目以降、読み始めた日付が書き込んであるが、ここに新たに、2006.8.1というのが加わることになった。

 はしがき は写さない。どうしても読みたい人は、図書館で借りて読んでください。

 

 第1章 ガロアの遺書を読む

 

 天正10年(1582年)6月2日は本能寺の変で、

1832年6月2日はガロア葬儀の日である。

 そこで、彼の遺書をひもとく事とする。

 

 読者注)

 この本では、このようにすべての章に序文がついている。これは小さな字で書いてあるのだが、ブログでは読みにくいので、同じ文字サイズで書いておく。

 そしてこの後に、文章の枕になる言葉が入る。

 本文はすべて、会話スタイルになっている。

                   注終わり)

 

 ヘンな絵だ。誰がかいたの、叔父さん──引っ越しの手伝いに来ている、与次郎である。静かだと思ったら、油を売っている。

ガロアの描いた絵 

 

 

 

 

 

広田 どれどれ、ここにサインがあるだろう。

佐々木 それはワカッてる。でも、読めない。

広田 EV.GALOIS───ガロア

佐々木 ガロアって、誰だい?

広田 20歳で死んだ、数学者。

佐々木 若いね。

広田 不滅の業績を残した、天才だ。

佐々木 僕と、三つしか違わない!

広田 この間、鹿児島大学へ行った。

 学生食堂がある。その名前を公募したそうだ。その結果「軽食堂ガロア」となっている。

 学生活動家としても、有名なのだ。数学に通じないものも、ガロアだけは知っている。

軽食堂ガロア 

 

 

 

 
佐々木 もっと詳しく話してくれよ。

 

 





 今日はここまでにします。

 現在2006年8月1日23時57分です。おしまい。