相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

結婚4年かー

 現在は、2005年6月10日22時42分です。

 今日は、2つ歳下の妹が結婚して、4年たった日だ。去年の暮れに姪が生まれて、私は伯父さんになった。家族の間では、伯爵の伯父さんなんて言われている。 妹たち一家も、幸せな家庭を築いている。私の家族も十分他人に自慢できるような、幸せな家族だった。妹たちもきっとこんな家族になっていくのだろう。

 確かレフ・トルストイの言葉に、不幸な家庭はそれぞれ様々だが、幸せな家庭というのは、皆似たようなものだ、というのがあったと思う。まさにその通りだと思う。

 私は将来どんな家庭を築けるだろう。結婚できるかどうかがまず問題だが、結婚できるくらい、安定した収入が得られるようになったら、やはり結婚して子供を持ちたい。

 私は面食いだし、一般相対性理論が分かるような、数学の出来る女の人と結婚したいなどと考えているので、当分相手は見つからないだろうが、もし見つかったら、さぞや嬉しいだろう。

 妹たちに負けない、幸せな家庭を築くつもりである。

 今日も夢を書いただけで終わった。

 最近学問が余り進んでいないのだ。少し焦っている。焦ったってしょうがない、学問というのは、毎日コツコツと積み上げていくものだ。

 以前立派な植物学者が、年取ってから博士号をもらったとき、「私の学問は、年齢から20年引き算しなければいけない。」と語っていた。

 私が、今13歳ならば、その歳にしては、数学も物理も良く分かっている。まだ中学生なんだ、という若い新鮮な気持ちで、前向きに進んでいこう。

 今日はここまでにする。現在6月10日23時8分である。