読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

ここは前も分からなかった

 現在2014年1月19日21時16分である。

 今日は、少しは早く勉強を始めた。読んでいたのは、昨晩の続き。GRAVITATIONのコラム1.2の中である。

 昨日よりは、理解が進んだ。

 ただ、Beall,1970 という一節だけはさっぱり分からなかった。この部分は、以前原著で読んだときも、

「この部分はちょっと分からない」

とメモをして飛ばした部分であり、分からなくても、後で支障を来すことはないのだろう。

 分からない原因は、

10mc

と書いてあるのが、mは粒子の質量で、E=mcの10倍と言っているように読めるところだ。

 この理解はあっているのだろうか。

 この部分が分からないために、後の説明がさっぱりわからない。

 それとも、私が素粒子論の理解が浅いために、とんでもない勘違いをしていいるのだろうか。

 もし、ここの部分を完全に理解しいる人がいたら、教えて欲しい。

 差し当たって、この部分は適当に済ませ、先に進むことにする。

 今日は、1.3節を読み終わった。

 ここまで。

 現在2014年1月19日22時10分である。おしまい。