相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

まゆゆ、ほめてあげられない

 現在2015年5月12日23時42分である。

 今日、22時から、『戦う!書店ガール』第5話があった。

 前回、あれだけ、けなしたから、今回は、ほめてもらえると、まゆゆ、も、期待しているかもしれないけど、辛いけど、ほめられない。

 ここで、ほめられない理由の一つには、インターネット上で、

「『戦う!書店ガール』の視聴率が低い戦犯は、実は、助演のような、稲森いずみにある。主演の渡辺麻友は、ババを引かされた。」

なんていう記事を見かけたからというのもある。

 私までが、まゆゆ、を、かばってしまったら、まゆゆ、のために、ならない。

 今日の話でも、まゆゆ、が、頑張っていたのは、認める。

 でも、あれじゃ、主役じゃないんだよ。

 もちろん、私は、まゆゆ、が、やり過ぎの部分があって、見ていられないから、登場時間を減らした方が良い、と提案した。

 その通り、まゆゆ、の、やり過ぎはなくなり、見ていられない、という状態ではなくなった。

 でも、見ていられないやり過ぎを、なくしたために、主役じゃなくなっちゃったんじゃ、やっぱり、困るんだよ。


 今、私は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第28番作品101を聴きながら、これを書いている。

 この曲を、私が、かけたくなるのが、どういう時か、分かる?

 好きな人を、思い出したいときなんだ。

 これは、ベートーヴェンが、一生つきあった、一番信頼していた女の人を描いた曲なんだ。

 私は、高校時代から、恋をするたびに、好きな人のそばにいられないとき、その人を身近に感じたいとき、この曲をかけるんだ。


 私が、こんなにけなしたら、まゆゆ、に、嫌われてしまうかも知れない。

 でも、まゆゆ、の心には、そばにいてもらいたい。

 そんな気分なんだ。


 一言で言うなら、稲森いずみさんの演技は、主役の演技だけど、まゆゆ、の演技は、主役の演技じゃない。

 例を上げるなら、まゆゆ、の目は、すごく、大きくて、大いにものをいえる、目だ。その目を、もっと、活用して。


 まゆゆ、の、笑顔は、100点の笑顔だ、という話は前にしたけど、その100点のうち、30点くらいが、『前髪命』の、まゆゆ、さんの、その前髪だ。

 それから、20点くらいが、頬の絶妙なふくらみ。

 それからさらに、20点が、かわいらしい唇。

 そして、残りの30点のうち、10点が、大きな魅力的な目だ。

 そして、他のすべての良いところが、10点。

 最後に残った10点は何かというと、それは、まゆゆ、の、心からの、綺麗になりたいという、思いだ。


 まゆゆ、の、こだわりの、前髪は、素晴らしいけど、それだけで、100点じゃ、ないんだよ。

 今は、まだ、10点だけど、その魅力的な目は、もっとこれから素晴らしい、武器にできる。

 映画を例に上げることが多いけど、ドイツ映画『Uボート』のラストシーンで、主役の男優が、ものすごい目の演技を見せる。

 まゆゆ、にも、あの目の演技を、期待するよ。

f:id:PASTORALE:20150513010333j:plain


 あまり、けなされたら、まゆゆ、だって、不愉快だろうから、努力したところは、認める。

 例えば、2度と、本が伏せて置かれることがなくなったのは、立派です。

 それから、亜紀が、デートで、交際を申し込まれるところでは、ネックレスをしていたのに、その後、家に招いておきながら、ルンルンで、ネックレスをしているのか、と思ったら、してない。後で、2度目に招いたときも、ネックレスしてない。

 小幡さんを、心から好きになっていないことの、まゆゆ、なりの表現なのかな、と評価します。

 もし、本当に心から好きな、三田君だったら、少しでも、綺麗に見られたいと、家に招くときでも、一番お気に入りのネックレスしたくなるものだろうからね。

 小さいところからの努力、良いですよ。

 じゃあ、今日は、ばいばい。

 現在2015年5月13日0時31分である。おしまい。