読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

ストーカーの心理

 現在2017年3月10日0時27分である。

「電子辞書の使い心地はどう?」

 うん。期待通り。

「どんなことができるの?」

 まず、今、一番役立ってるのが、日本大百科全書(ニッポニカ)が、入っていること。

 普通に、辞書を引くっていうと、広辞苑(こうじえん)を引くことを、想像したりするけど、広辞苑だと、説明は数行だ。

 ところが、百科事典だと、まともに説明してあって、ときにはカラー写真も、載ってる。

「英語の辞書は?」

 『200万語専門用語英和・和英大辞典』というのが、すごい。

「どう、すごいの?」

 たとえば、サンライズクエスト英和辞典は、見出し語が46,000語だ。

「それは、どれくらい?」

 高校1年生が、困らないくらい。

「えっ、高校2年生って、もっと必用なの?」

 普通、京大・東大を受ける人は、研究社の『新英和中辞典(第5版)』を薦められたが、これは、7万語くらいだった。

 私は、高校2年生になったとき、もっと見出し語の多いものが欲しくなり、研究社の『リーダーズ英和辞典』を買おうかと思った。これは、22万語くらい入ってた。

「どうして、買わなかったの?」

 父にその話をしたら、

リーダーズは、語数が多い分、例文が少ないから、やめたほうがいいぞ』

と、言われたんだよね。

「じゃあ、『新英和中辞典(第5版)』にしたの?」

 いや、7万語より、もっと欲しくて、旺文社の『英和中辞典』にしたんだ。これは、10万語だった。

「数字にこだわるのは、数学者の意地?」

 ただ、この辞書のことでは、後悔したんだ。

「研究社のにすれば良かったって?」

 そう。

 高校2年、高校3年、浪人中と、3年間、使ったんだけど、例文が少ないと感じたこと1回、良い訳語が見つからなかったこと1回、研究社の辞書で引いた人は、出てたよ、と言ったのに、私の辞書に載ってない単語があったこと1回。

 そのたびに、母に、

『もう1冊、辞書を買って』

と言いたかったんだけど、いいそびれた。

 たかが、4,000円で、京大に受かるのなら、安いものだったんだけど、最後の一歩が踏み出せなかった。

「太郎さん、英語のある京大の前期、2年目も落ちてるものね」

 同じことになってはいけないと思って、浪人したとき、代々木ゼミナールからもらった、図書券2万円のうち5,000円を妹に、

『研究社の『新英和中辞典(第5版)』買っておいで』

と、渡した。

『たろちゃんが、買ってきてよ』

と言うので、

『こういう大事なものは、自分で買わなきゃ駄目だよ』

と言って、紙屋町で、買ってこさせた。

「紙屋町って?」

 広島の原爆ドームも近くにある、一番の繁華街だよ。

「私、去年(2016年10月22日)広島サンプラザホールってとこで、全国握手会やったんだけど、最寄りの駅は新井口だったわ。近いの?」

 地図で見てみると、・・・。私の高校のそばじゃない。私の高校は、広島県立広島井口高校だから、新井口は、井口(いのくち)駅の隣。

 ついでに、私達が住んでたのは、もっと市の中心部に近い、宮島線東高須という駅のそば。

「私、太郎さんが、青春を過ごしたところのそばまで行ったのね」

 全国回ってると、色んなことがあるね。

「それで、妹さん、辞書買ってきた?」

 買ってきたよ。

 そして、奥付のところに、

『たろうchanの図書券で購入』

と、書き込んだ。

「わー、いい妹さんじゃない。この前、ひどいこと言われたみたいに、書いてたけど」

 あんなひどいことを、言われることなんて、滅多にないんだ。だから、大切に覚えているんじゃない。

 麻友さんと出会う前だけど、『SONY許せぬと書きたかったが』で、書いた、最初の入院(2014年6月24日入院)から、回復して7月13日に退院した後、もう一回いずみ野で、おかしくなってる。2014年9月2日の朝、ゴミを出しに行ったのに、ゴミ収集車が行ってしまっていたことを知ったら、どうして良いか分からなくなった。

 ガタガタ震えだしてしまい、近所の人が、『救急車を呼んであげましょうか』といったが、『大丈夫です』と、答えたものの、どうして良いか分からない。

 母に電話したが、母は、父の通院について行っていて、出なかった。

 私は、携帯の2番目のボタンを押した(1番目が、母である)。妹にかかった。

 妹が出たのだが、携帯だったのと、声が似ているので、私は、母が妹のところに手伝いに行っていて、電話口に出たのは、母なのだと思い込んだ。

『すぐ来て』

と言ったら、妹は、

『じゃあ、行ってあげる』

といった。

 近所の人も安心して、帰って行った。

 足柄からだから、それから2時間。

 連絡を受けた、父母も合流して、いずみ野へ来た。

 妹も来たので、私は、すっかり混乱してしまった。

 今の私からでは想像できないだろうけど、3年前の私って、ものすごく情緒不安定になって、自分でも、その状態が嫌なのに、どうすることもできなくなることが、結構あったんだ。

「太郎さんは、いつも、以前おかしかったとき、こうだったって、話してくれるけど、周りの人から見て、明らかにおかしいことをしてても、太郎さんには、今でも、『あのときは、こう思ったから、あんなことしたんだよ』という根拠が、思い出せるの?」

 思い出せる。

「たとえば、どんなふうに?」


 鎌倉の精神障害者のための就労移行支援の施設『ねくすと』(現在、大船にある)に通っていた頃、精神障害者のための『とらいむ』というオープンスペースで、食事をしていた。

 そこで、22歳の女の子と知り合った。

 私も、好きになるつもりはなく、向こうも、37歳の先輩のお兄さんという感じだった。

『読書は、頭がいたくなるので、あまり好きじゃないけど、『リング』は、読んだことあります。面白かったので、映画も見ました』

と言ったので、当然私は、『リング』を、買って読んだ。

 その話もした。色々、メールのやり取りもあった。

TOKIOが、好きです』

と言ったときは、中島みゆきの、『歌旅』というDVDを持っていって、オープンスペースのテレヴィで、『宙船(そらふね)』を、見せてあげた。

歌旅-中島みゆきコンサートツアー2007- [DVD]

歌旅-中島みゆきコンサートツアー2007- [DVD]

「つまり、太郎さんは、その女の子が、好きだったのね」

 いや、好きじゃないよ。あの頃は、まだ、分子生物学の女の人を、好きだったんだ。

「でも、そうやって、アプローチかけられたら、女の人は、好かれてると思うじゃない」

 私は、男の人の友達と同じように、接してたんだ。

「まあ、いいでしょう。何か事件が起こるのね」

 そう。

 知り合って1年後、2009年5月18日に、事件は起きる。

 当時、NHKが、『ソクラテスの人事』という番組をやっていた。

「その番組が、関係あるの?」

 ある。

 その番組では、地頭(じあたま)クイズとして、4月23日に、次のような問題を出した。


 2009年4月23日のNHK『ソクラテスの人事』の問題

燃え尽きるまで1時間かかるろうそくが2本あります。
これを使って、正確に45分を計ってください。
ただし、燃えるスピードは一定ではありません。

ヒント:ろうそくは1カ所に火をつけるとは限りません。


「太郎さん。この問題を解いたのね」

 番組宛てに、メールを送った。

「どうだった?」

 番組ホームページに、


オモシロ解答


【ピッコロンさんの答え】

一回ろうそくを2本ともいっぺんに湯せんにかけ、液体の状態にします。
そこから全体の量の3分の1の量を取り出し、また新しくその量でろうそくを作り、火をつける。


ジョンさんからのコメント:私がこれまでにまったく思いもつかなかった答えです。素晴らしいですね。
この方法がうまくいくかどうか証明できるほど、私は“ろうそく工学”に通じてないようです。


【かなちゃぴんさんの答え】

ろうそくAとろうそくBをT字型におきます。(←この時ろうそくAがTの横棒、Bが縦棒になるように)
そして、ろうそくAの両側とろうそくBの下端に同時に火をつけます。
そうすると、ろうそくAが燃え尽きるのに30分かかり、そのときにちょうど火が中央の位置にきます。
中央に火がくると、ろうそくBの上端に火が点きます。
その火が燃え尽きるのにかかるのが15分。
なぜなら、ろうそくBの上端に火が点くまでに下端の火は30分燃えているから。
残っている30分ぶんは上端と下端両方から燃やされるので、半分の15分で燃え尽きるわけです☆


ジョンさんからのコメント:大正解!かなちゃぴんさん、おめでとう。ただ、大したことではないのですが、かなちゃぴんさんの答えには1カ所だけ気になる部分があります。ろうそくをT字型におきますよね。となると、Bのろうそくに火をつけるには、火がちょうど真ん中に来た時点でAが燃え尽きることが前提となります。ですが、両端からの火が同時にAの中央に到達するとは限りません。燃えるスピードは一定ではないわけですから。それでも、この答えは根本的な解決方法を含んでいます。私が就職試験官だったらかなちゃぴんさんを採用しますね。


【EROICAさんの答え】

一本のろうそくは、火をつける芯を使ってつるして、振り子として使う。
振り子の等時性により、線形近似の出来る範囲で、この振り子は、等間隔を刻む。
さて、もう一本のろうそくに火をつけ、それが1時間かけて燃えるまでに、振り子が、1回振れるごとに、どこまで、燃えるかをチェックしておく。
火をつけた方のろうそくが1時間かけて燃え尽きるまでに、振り子が何回振れたかにより、1時間に何回振れるかが分かる。
それが、例えば、3600回だったとしよう。そうすると、45分は、2700回振れる間の時間であることが分かる。
それが分かったところで、あらかじめ、振り子が1回振れるごとに、どれだけの長さ燃えるのかをチェックしているので、2700回振れたときの長さが分かることになる。
燃えるスピードが一定でなくとも、同じろうそくなら、同じ時間たったときには、同じ高さまで、高さが下がっているはずである。
そこで、それまで振り子として使っていたろうそくに火をつけて、2700回振れるときまでの長さまでの間、燃えている時間をきっかり45分と、測り取れる。
2本目のろうそくは、いつでも使えるので、必用なときに、火をつけて、2700回振れたときの長さまで、燃える時間待つことで、45分を測ることが出来る。
ちなみに、私はこの解答を思い浮かぶまでに、4時間かかった。


ジョンさんからのコメント:この答えはとてもクリエイティブですね。ですが、1つだけ致命的な欠点があります。振り子が何回振れたかをチェックする段階でストップウォッチを使わないといけないのです。時計があるのなら、わざわざこんな苦労をしなくてもいいでしょう。時計で45分計ればいいのですから。



と、紹介された。

「太郎さんのは、EROICAさんね。他の2人の人と比べて、難しいわね」

 その女の子も、これを印刷したものを見せたら、

『難しくて、分かりません』

って、言ったんだよね。

「『線形近似』って、何?」

 結局、みんなそこで沈没してるんだよね。

『振り子の等時性により、(線形近似の出来る範囲で、)この振り子は、等間隔を刻む。』

と、括弧でくくって、その部分飛ばして読んでごらんよ。

「『振り子の等時性』なんて、習ってない」

 じゃあ、

『この振り子は、等間隔を刻む。』

だけにしたら?

「言いたいことは、それだけ?」

 この問題に関して、必要なのは、それだけだよ。

「だったら、余計なこと書かなければ、いいのに」

 私は、振り子というものは、同じ間隔で振れるものだ、と思っている、普通の人の思い込みを、本当は違うんだよ、とただしてあげたかったんだ。

「それで、その後どうなったの?」

 その女の子に、インターネットのサイトを利用して、振り子の等時性を説明してあげたくなったんだ。

「私に、物理学の説明してるのと、同じね」

 まあ、そうだけど。

「どうしたの?」

 その女の子が、帰るというので、しゃべりながら一緒について出て、逗子にあるその女の子の家まで、ついて行っちゃったんだ。

「家に入ったの?」

 いや、その女の子が、

『家まで付いてくるんですか?』

って言って、家に入った後、私は、

『インターネットで、さっきの問題の説明をしたいから、入れてくれない?』

と、メールを送った。

「携帯のメールアドレスも、交換してたの?」

 そうだよ。男の友達だったら当然でしょ。

「まあ、そうだけど。それで、メール送ったら、何だって?」

 『これ以上、許して下さい』

と、返事がきた。

「それ以上は、駄目なのよ」

 そうなんだけどね、実はそのとき、家の中から、その女の子が、お父さまに怒られている声が聞こえてきたんだよね。

「お父さま、いらっしゃったの?」

 そうみたいなんだ。

『なんで、家まで連れてきたんだ』

みたいに、怒られてたんだよね。

 それに対して、その女の子が、

産婦人科行く、とか言ったのに』

とか、答えていて。

「その女の子が、太郎さんに、産婦人科行く、とか言ってたの?」

 うん。逗󠄀子に着く頃、そう言ってた。

 つまり、他に彼氏がいて、子供もいるんだ、とか匂わせようと、してたのかも知れない。

「それは、ちょっと、分からないけど」

 とにかく、そんなことになってしまったので、私は、身の潔白を証明するために、きちんと親御さんと話さなければ、とか思ってしまった。

「あっさりと、引き下がるということが、太郎さんには、できないの?」

 あの事件の後は、そういうことを、学んだけど、当時は、食い下がってしまった。

「それで?」

 結局、その女の子のお母さまがいらっしゃって、私の携帯から、『とらいむ』に電話をかけ、施設長さんに、車で、私のことを迎えに来てもらった。

「その間、太郎さん、何してたの?」

 その女の子に、私の携帯のアドレス帳を見せ、分子生物学の女の人に、赤いハートが付いていることを確認してもらって、

『この人が、私の恋人なんだよ。君に、何かしようという気は、なかったんだ。振り子の説明をしたかっただけなんだよ』

と、説明していた。

「要するに、太郎さんって、説明するのが、好きなのよね。先生になれば良かったのよ」

 ひとりよがりな、先生だけどね。

「で、この事件で、何を説明したかったの?」

 私の行動って、端から見たら、完全にストーカーでしょ。

「気違い的ストーカーと言えるわね」

 でも、私は、好きにもなってないし、その女の子に手を出す気もない。

「それは、認める」

 気違いってね、こういうふうに、周りで見ている人が想像するのと、まったく違うこと、考えているんだよ。

「うーん。だから、ストーカー殺人なんかが、起こるわけ?」

 その人が、心の中で、なに考えてるかって、ものすごく難しい。

 本人も、後になると、なぜあんなこと考えたんだろう、と分からないことも、あるくらい。

「確かに、太郎さん。普通の人が、説明できないことを、説明するのが上手いってのは、分かるわ。ストーカーが、そんなこと考えていることがあるなんて、考えたことなかった」

 ストーカーしている人が、本当は、何を望んでいるのかを、見極めないと解決しない。

 ただ、何かを説明したいだけなのか、手をつなぎたいだけなのか、キスしたいのか、ペッティングをしたいのか、一夜を共にしたいのか、デートを1回したいのか、結婚したいのか、その女の人の子供を欲しいだけなのか、その女の人に暴力をふるいたいのか、殺したいのか、その女の人の財産を欲しいのか、誰でも良いから美人を彼女にしたいのか、ちょっと考えただけでも、ストーカーにはこれくらいの動機が考えられる。

 そんなことなら、してあげるわよ、というようなことが原因で、殺されたりしたら、本当に泣くに泣けない。

「女の人と同様、男の人も複雑なのね。良く分かったわ」

 電子辞書の話から、随分話が、それたね。

「もう、寝た方が良いわ」

 分かった。

 麻友さんのような、商売していると、しつこくつきまとわれることも、多いだろう。

 そのつきまとっている人が、本当は、何を望んでいるのか。

『結婚したい』

と、言ってても、本当は、ただ、麻友さんのような、美人で賢い人の子供が、欲しいだけの人もいるだろう。

 だったら、麻友さんの卵子を1個あげるだけで、ストーカーをひとり、完全に排除できる。

卵子をあげるなんて!」

 前から言ってるでしょう。ゲノム編集という技術があるんだよ。遺伝子を自由に書き換えられるんだ。

 麻友さんのオリジナリティは、その遺伝子を持った、これまで22年間生きてきた、人間だということ。

 遺伝子なんて、欲しい人には、あげちゃえばいいんだ。

 要するに、麻友さんのDNAを全部書き上げて、公表しちゃえばいいんだ。

 麻友さんの子供が欲しい人は、自分の奥さんのDNAを、麻友さんのDNAに書き換えた卵子を使って、子供を作れば良いだけのこと。

「そんなこと、本当にできるの?」

 科学的には、できるようになっている。

 ただ、倫理的に許せないと言っている人がいるだけ。

「太郎さんは、私と結婚したいの?子供が欲しいの?」

 どっちでもない。

 AKB48を卒業した後の麻友さんと、こういう話を、仲良く話せるようになりたいだけなんだ。

「太郎さんが言ってることは、一貫してるわね。信じて良さそうね」

 じゃあ、変なストーカーに、殺されるなよ。

 おやすみ。

「おやすみ」

 現在2017年3月11日4時47分である。おしまい。