相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

『感情をなくした』心に響く言葉

 現在2015年6月28日2時01分である。

 今日(6月28日)の0時55分から、トークドキュメンタリー番組『AKB48 旅少女』というものがあり、渡辺麻友さんと、柏木由紀さんが、話していた。

 番組の終わり近く、まゆゆ、が、ゆきりんに同意して、

「私もね、どっかで、感情をなくしたんだよ。」

と、つぶやいた。

『感情をなくした』

と言っている人の心には、どんな言葉も届かないのではないか、と思う人もいるかも知れない。

 でも、私は、まゆゆ、の心に響く言葉を書けると思う。


 私も、感情をなくさざるを得なかったから。


 人間は、同じ経験をした人にしか、自分の気持ちを分かってもらえない、と思いがちなものである。

 私が、まゆゆ、と、同じ経験をしていて、良かった。


 私が、感情をなくさざるを得なかったのは、大学まではなんとか行って、物理学者になれると思っていた矢先に、統合失調症という精神の病に冒され、大学を中退して、戻ってきてからだった。

 ずっと、私に期待してくれていた両親も、

「(当時はそういう病名だったので)精神分裂病という病気は、治らないから、もう大学へは戻せない。」

と言った。

「どうあっても、物理学者になりたいから、大学に戻りたい。」

と、私が言っても、

「脳が駄目になっているのだから、学者は無理だ。別な道を探さなきゃ。」

と、受け入れてもらえなかった。


 父や母が、私のことを、考えてくれているのが分かっていたので、私自身、辛かった。

 結局、父は、それまで勤めていた会社を辞め、知り合いの会社に、私と共に、勤めてくれた。

 入社の日、父と知り合いのそこの会社の社長が、私に、

「数学者になるのは、諦めろ。」

と言った。

 そんなことを言われて、自分の才能を疑う私ではなかったが、その時も、感情を殺すしかなかった。

 その会社に8年半勤めた。

 最終的にその会社を辞め、新しい就職先を、何回、面接、受けても、不採用だった。

 そのたびに傷ついていたら、『メンタル壊れちゃう。』


 そうやって、20年以上やってきたんだよね。

 その20年の間、ずっと同じではなかった。

 まゆゆ、が、ポムポムプリンくんの1位を、涙を流して喜ぶように、私も、妹のところに、姪が生まれ、2年後に甥が生まれたのを、喜んだ。

 今でも私は、夜寝る前に、お祈りするとき、

「麻友、と幸せな家庭を築けますように。」

よりも先に、

「私の姪と甥が、障害を持ったりせず、幸せに生きて行かれますように。」

とお願いする。

 自分が障害を持ってみて、障害を持つということが、どれほど人生を狭めてしまうか、ということに気付き、私の次の世代の、二人に、そんな思いをさせたくないと、強く思っているからである。

 この順位は、麻友との間に、我々の子供が生まれるまで、変えないつもりである。

 我々の子供が生まれたら、やっぱり、姪や甥よりも大事にしても、神様も怒らないだろう。

 それくらい、私は、姪や甥の生まれたのを、喜んだということなんだね。


 父と母の対応も、20年間で、随分変わった。

 また私自身も、自分から、どんどん環境を変えた。

 しかし、去年入院するまでの、20年間、心に霧がかかったような状態だったのは、どうしようもなかった。

 朝は、16時くらいまで起きられないし、起きても眠いままだった。

 私の心が、なくしていた感情の正常な発露をできるようになってきたのは、去年からなのだ。


 まゆゆ、は、きっと感情をつぶさなければならなかったのは、自分達のような人間なんだ、と思っているかも知れないけど、そういう人は、まゆゆ、が、想像しているよりも、遙かに多いんだよ。

 例えば、まゆゆ、のお父さまも、サラリーマンだよね。

 きっと、殺してきた感情なんて、数えられないほどあると思うよ。

 そう思ったら、まゆゆ、の心にも、希望の灯がともる。

 殺されちゃった、まゆゆ、の感情のためにも、幸せな未来にしていこうね。


 私の言葉、まゆゆ、の、心に響いたかな?

 精一杯の勤労感謝状です。

 今日のところは、バイバイ。

 現在2015年6月28日3時23分である。おしまい。