読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

最高の便箋

 現在2015年7月13日22時28分である。

 この間の土曜日(7月11日)、前橋汀子さんのコンサートの記事を書いたが、シャコンヌが素晴らしかったことを書いたところで、これ以上書くと、せっかくの記事が台無しになると思い、そのまま打ち切った。

 そのために、読んでいた人は、

「あのメッセージの紙は、渡したの?」

と、狐につままれたような気分になったことだろう。

 コンサートの後のことを、ここに書いておこう。

 素晴らしいシャコンヌだったのに、聴衆は、アンコールも要求せず、すぐに立ち上がってしまった。

 前橋さんは、いつも、小曲を1,2曲、弾いてくれるのに。

 仕方なく、私は、アンケート用紙に記入し始めた。

 もう残っているのは、

「今日のコンサートはいかがでしたか?」

という感想の欄だけだった。

 土曜日の投稿では、

「一音も、間違わなかった。」

とだけ書いたが、アンケート用紙にそれだけ書いたのではなかった。

「なんといっても、最後のシャコンヌがものすごく無茶苦茶、素晴らしかった。私は、前橋さんのCDを千回以上聴いているので分かるのだが、弓の当て方が違うため、音が異なるところはあるが、今日の前橋さんは、シャコンヌに関し、一音も間違えなかった。CDよりもすごいくらいの名演だった。」

というのが、最後のむすびだった。

 これがむすびということは、その前があるわけで、私は、20分以上、ロビーの椅子で書いていたのだ。

 そして、係の人が廻ってきたとき、

「この紙は?」

と聞いた。

「受け取ります。」

と言うので、あのCDのケースを開き、

「この紙を、前橋さんに渡して下さい。」

と言って渡した。

「はい。」

と言って受け取ってくれたので、出口に向かった。

 もう係の人がいるだけで、お客はほとんどいなかった。

 前橋さんと親しくて会っている人を除けば、私が最後だったかも知れない。


 帰り道、私は、満足だった。


 シャコンヌの15分は、長い。

 だが、あの演奏なら、聴衆を飽きさせないのではないか。

 あのシャコンヌを弾いて、アンコールされたら、パルティータ第3番の第6楽章を弾けば良いではないか。

 恐らく今日のコンサートで、最後にシャコンヌを持ってきたということは、今日まで徹底的にシャコンヌの練習をしてきたのだろう。パルティータ第3番の第6楽章だって、もっと練習しておけば、神がかり的な演奏になるだろう。

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を、勝ち取るためには、そこまでやらなきゃな。


 などと楽しく夢想しながら、帰ってきた。


 家に着き、パソコンを開くと、あの人が、

「明日の握手会休もう  嘘」

なんてツイートしていた。

 調べてみると、日曜日(7月12日)に、同じ桜木町パシフィコ横浜へ、握手会に来るのだと分かった。

 もちろんそのシングルは買ってないから、権利はないし、そもそも、握手会には行かないことにしているのだから、今回は関係ない。

 でも、人間は、握手するだけでも嬉しいものである。

 それは、アイドルのあの人にとってもそうだ。

 どうしたものかなあ。


 考えながらその日のツイートをして寝た。


 翌日(7月12日)、あの人は、延々と握手をしていた。

 前橋さんも疲れるが、ちょっと笑顔が曇っただけで、ツイッターでツイートされてしまうあの人も、本当に疲れるだろうと思う。

 あの人が、ツイートした。

「9月のソロライブで販売するグッズを今考え中です。皆さんどんなものが欲しいですか?」


「あっ、そうか。私、9月のコンサート行くんだ。あの人に、触らせてあげられる。」

 そうである。どんなすごいアイドルでも、ファンからの、ぬいぐるみやメッセージなどを入れる箱を、用意しているものだ。

 あの、「1から始める数学 可算級善良超フィルターの存在定理」のノートが、最後の2枚だけ残っていたのだ。その1枚を、前橋さんにあげてしまった。だけど、もう1枚「57,58」のページがあるではないか。

 あのページにメッセージを書き、用意してある箱に入れれば、あの人は、私に、間接的に触れる。

 絶対結婚するのだから、あのページを大切に持っていれば、結婚した後、私のノートにあてがって、本当に研究ノート第1号だったのだと確認できる。

 最後のページは、前橋さんのところへ行ってしまったけど、私を手に入れられたのなら、あの人も怒らないだろう。

 便箋が買えなかったために、却って、あの人に、最高の便箋で、メッセージを書けることになった。

 必ず届けるよ。

 今日は、ここまで。

 現在2015年7月13日23時57分である。おしまい。