読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

半年間頑張ってみる

 現在2017年5月15日22時46分である。

「この題名は何? それより、昨日ドラマ見たんでしょう。何かひと言感想を言ってくれても良かったんじゃない」

 昨日、ドラマ、ちゃんとリアルタイムで見たんだ。

 ただ、麻友さんが、大阪での握手会で、体調不良で午後欠席したというのを読んで、そのことばっかりになっちゃった。

「私、太郎さんの言ったこと、採用したんですけど」

 うん。気付いた。エンディングテーマをもっと大きな音でかけた方が良いと言ったんだよね。

「どうだった?」

 うん。はっきり聴き取れるようになって、良かったと思う。

「良い曲だったとは、言ってくれないの?」

 書店ガールの曲の投票の時、どうしても私には、『アルジャーノンに花束を』の『The Rose』を選ばずにはいられなかったように、今回の歌も、最高に素晴らしいとは、言えなかった。

 私、この、美しいかどうかって、こだわっちゃうんだ。

「普通のファンが、そんなこと言ったら、『おまえ、さては、えなり、だな』って、縛り上げるけど、太郎さんなら、『いつか、良い曲だったと言わせよう』と、悔し涙に暮れるわね」

 その大好きで、好いてくれている麻友さんに、ちょっと悲しい報告なんだ。

「誰か好きな人ができた?」

 バカ言え。

「いや、有り得るんじゃない?」

 ないって。

「ああ、最後まで、私に冷たくあたったのね」

 本当にお別れなら、最後くらい優しくしたよ。

「わっ、大丈夫なんだ。太郎さん、私をおいてったりしないのね。(ギュッ)」

 ひとつ問題があるんだ。

「なに」

 ホーキング-エリスを訳してるでしょ。

The Large Scale Structure of Space-Time (Cambridge Monographs on Mathematical Physics)

The Large Scale Structure of Space-Time (Cambridge Monographs on Mathematical Physics)


「ああ、仕事のことか」

 いつも、仕事のある麻友さんなら、それほど問題にならないんだけど、私に取っては、23年間待って、やっと来た仕事でしょう。

 どうしても、成功させたいんだ。

「頑張ればいいじゃない」

 それが、そう簡単じゃないんだ。

 本当は、麻友さんのところへしわ寄せが行くのは、お門違いなんだけどね、私自身を、この本を訳すことに、集中させるために、私の周りからこの本以外を取り去りたいの。

「そんなに、深刻なの?」

 昨年の12月から、今日まで、2ページしか進んでないんだ。

「えーっ、太郎さん、えなりが憑いてるんじゃない?」

 麻友さんに祓ってもらえば、解決するのなら、祓ってもらいたいよ。

 でも、これは、ドラマじゃないんだ。

「何が、原因なの?」

 要するに、私の統合失調症というのは、うつ病や、躁うつ病のもっとひどくなったものに近いから、妄想も起こるけど躁の時は、どんどん仕事も進むんだ。

 麻友さんのコンサートに私が行かれなくなった頃、私、絶好調だったでしょう。

「1年半前ね。とすると、今は、うつなわけ?」

 その通り。悪い方へばっかり行ってしまう。

「それで、集中するというのは?」

 私が、入院していた時のことを、思い出したんだ。

 入院中は、やることないから、私は、数学ばっかりやってた。

「でしょうね。今だって、数学ばっかりやってるもの」

 アハハ、そうだね。

「それで、上手く行くのかしら?」

 私が、数学の本を読む時、いつも失敗するのは、この本を読みたい、という本があって、その本を読むには、この本も読んでおかなければならない。いや、あれも必要かな?と、限りなく読む本を増やしてしまうことなんだ。

「それを、どうやって防ぐの?」

 この本1冊をぎりぎり読めるくらいのタイムリミットを置いて、それまでに訳し終えると約束する。

「誰と?」

 麻友さんと。

「私は、えなり祓いみたいに、何かしてあげられないの?」

 例えば、畑で野菜作っているのなら、『運ぶの手伝って』、とも言えるけど、今は、タイプしてもらう必要もないから、本当に、麻友さんが活躍する場は、ないに等しい。

というか、麻友さんには、期待して待っていて欲しい。

 私は、これから、半年間、ブログへの投稿をほとんど休止する。

 ツイッターだけは、二人の唯一の連絡手段だから、基本的に一日1回、送るけど、ネット上を検索して、面白い話を書くのは無理だ。その日訳した内容を、書くことにしよう。

 372ページの本で、まだ、20ページも訳せてないから、これを、半年で、というのは、かなり厳しいが、麻友さんのことをネット上で調べている時間は、かなりにのぼるから、それをカットして、辛うじて行くかな。

「そんな、危ない計画で、大丈夫なの?」

 いや、これくらい、ぎりぎりにしておかないと、私は、他の本に手を出し始めるからね。

「太郎さん、浮気性なのね」

 本に関しては、そう。

 ブログは、特別な日。

 例えば、ドラマの最終回。選抜総選挙の発表日。などの日だけ、書くことにする。

「私には、条件付けさせてくれないの?」

 どんな、条件を付けたいの?

「この半年間、私が、フリーエージェントになっていいというのは?」

 どういう意味だい?

「この半年間は、太郎さんの婚約者であることを解除するのよ」

 もともと、私には、婚約者なんていう権利をもらってないけど、いいんじゃない2年ぶりで、フリーになるのは。

「もう一つ」

 次は?

「どうしようかな?」

 取り敢えず、言ってみたら。

「太郎さんが、半年後までに、訳し終えられなかったら、私と太郎さん、これっきり、というのは?」

 うぐっ、麻友さん、そんなに、私を、信じてるんだね。

「太郎さんのえなりを祓うには、これしかないかな、と思って」

 そうか。私のえなりを祓うか。

 今、私には、『うつ』という『えなり』が憑いてるのか。

 いいでしょう。その条件呑みましょう。

「必ず、訳してね」

 ああ、私は、最愛の人を、人身御供に出してしまった。

「いけにえなんて、考えず、一所懸命訳しなさい。今日は、もう寝た方がいいわ。おやすみ」

 おやすみ。

 現在2017年5月16日1時23分である。おしまい。