相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。

入院してました

 現在2018年3月10日20時45分です。

 私、2月19日からまた、横浜市立みなと赤十字病院に入院していました。

 退院してきてから、もしかしたら届いてくれたら良いなと思って、麻友さんのプライベートメールへ、次の2通のメールを送りましたが、届かなかったみたいですね。

 一応、ここに書いて、麻友さんに伝えることにします。



 2018年3月3日のメール『入院していました』

渡辺麻友様。

松田太郎です。

麻友さんのミュージカルの原作『アメリ』の映画を見ようとしたのです。

そうしたら、急にお腹が痛くなったのです。

作り話じゃありません。それから、何度も吐いたりして、結局映画は見れないまま、4日分の延滞料金まで払わされて、返さねば、なりませんでした。

麻友さんが、オドレイ・トトゥのアメリでなく、私のアメリを、最初に太郎さんに見て欲しいと、強く願っていたのでしょうか!?

2月19日、私は、とうとう入院しました。

最初の診断では、腸閉塞ということでした。

後で分かったことですが、盲腸になっていたようです。

いずれにせよ、何も食べられないほどになっていたので、精神科の薬も飲めなくなっていて、また私の統合失調症が、悪化してしまい、精神科病棟に移された最初は、ベッドに拘束されていました。

食事も、最初は、ゼリーなどの流動食。それから、重湯。お粥。やっと2月26日の月曜昼食から、ご飯になりました。

退院したのは、3月2日、昨日です。

入院中、考えました。今まで、ブログを書くことを生きがいにしてきましたが、その生活を、改めようと。

私の一番好きな人は、もちろん麻友さんです。でも、一番好きなことは、数学の研究なのです。

物理学は、人類を救うために勉強していましたが、その目的が達成されたのなら、二の次です。

しばらく、ブログは、更新しません。

それだったら、今後どうやって連絡取るの?と聞きたいかも知れません。

方法は、あるじゃないですか!!

このメールに、返信してくれれば良いのです。

麻友さんからの、温かいメール、待っています。

あっ、電話番号伝えてなかったね。

(私の電話番号)

です。携帯しかないのです。

麻友さん、愛してるよ。♥

夕食を、食べに行ってきます。

バイバイ



 これが、1通目。



 そして、2018年3月10日のメール『侮辱するつもりはなかったのです』

渡辺麻友様。

松田太郎です。

今日は、私が、とんでもなくひどいことを、麻友さんにしていたことを、知ったので、メールしました。

実は、一昨日、妹に、アドヴァイスをするつもりで、麻友さんに時々書いているような、あのことに関することをメールで書いたのです。

後で述べるように、この話題は、以後メールに書いてもいけないし、話してもいけないと、父から強制的に約束させられたので、あのこと、としか、書けません。

でも、麻友さんなら、どういったことか、分かると思います。

さて、そのメールを読んだ、妹が、吐き気がするほど、嫌な思いがして、ひどいショックを受けたと、母に電話をしてきたのです。そして、「太郎ちゃんには、これがどんなに他の人にとって嫌なものか分からないのだろうから、太郎ちゃんには、言わないで」と言ったそうです。

しかし、母は、その約束を破り、父にも話し、昨日の晩、私に、「お前は、こういうことをするから、女の人にも、男の人にも好かれないんだ。今後、これに関することを、人に話したりメールで送ったら、パソコンも電話も、取り上げるからな」と、言い渡しました。

さて、私も、考えました。妹にとって、そんなに嫌なものだったとしたら、同じ女の人の麻友さんにとっても、あの話題は、私に幻滅するに十分なものだっただろうと。

どんなに相対性理論の話が面白かろうと、はやぶさの話が、ワクワクするものだろうと、ベートーヴェンの話が楽しいデートだろうと、こんなことを書いてくる、しかも、公開のブログで、書いてくる、松田太郎という人間とは、絶対結婚するまいと、思っただろうと。

人間なら誰にでもあることですが、口にしては、いけないことだったのですね。

麻友さんという一番好きな人に、あのようなことを書いたということは、侮辱したのと、同じことだったのですね。

私、46歳ですが、女の人とまともに付き合ったこともなく、障害を負ってしまったために、社会で人とまともに付き合うこともせず、思春期の頃の女の人の見方のまま、今日まで来てしまいました。

麻友さんが、何度もがっかりした思いが、今は、分かる気がします。

まだ、ファンの一人であり、結婚の約束もしていない私が、書いて良いことでは、ありませんでした。

麻友さんが、望むなら、ブログを一旦白紙に戻し、相対性理論はやぶさベートーヴェンの話だけ、書き直しても良いです。大変な作業ですが、私は、麻友さんを得るためになら、そんなことが苦にならないのです。

それくらい、麻友さんが好きです。

長くなったので、ここまでにします。

ブログを白紙に戻すことを望むなら、遠慮なく、連絡ください。

じゃ、また。♥



 これが、2通目のメールです。



 なぜ、メールの中では、ブログを更新しないことにしたと決心を書いたのに、この記事を書いたかという理由は、次のようなものです。

 私にとって、麻友さんと連絡を取り続けるというのが、生きがいなのです。メールで連絡を取り続けられるのではないかと錯覚していたのが、やっぱりメールでは駄目だと気付いたから、ブログに思いを書き、麻友さんの目に触れるようにしたのです。

 ただ、一つだけ、自分に課すことにしたルールがあります。

 それは、

『1日2時間以上、ブログを書いては、いけない』

という約束です。

 本当に、私の場合、麻友さんが好きなので、10時間以上ブログを書いていても、疲れないのです。

 でも、そんなことを続けていたら、私の人生は荒廃します。

 私は、周囲の人間よりやることなすこと、そして、成長も、のろいようです。

 そんな私でも、2年後には、母が、後期高齢者になるので、健康保険料を納めなければならなくなります。

 いったい私は、どうやって生きていったら良いのか?

 その答えは、私の数学の才能を、伸ばす努力を、これからも怠らないで続けていくことの中に見つかります。

 私は、成長がのろい、だったら、46歳までに一つも、めざましい業績がなくとも、今までずっと続けてきた数学の研究を、これからも今以上に力を込めて進めれば、普通の人なら25歳か30歳で花開くところが、50歳か60歳で、花開くかも知れない。

 そのことを信じて、数学の研究を、続けたいのです。

 麻友さんに対する気持ちが、減じたのではありません。むしろ、結婚した後、私が、花開いた方が、麻友さんに取っても、幸せに感じられるのではないでしょうか。

 そのための2時間のルールです。

 今日は、これで、時間切れです。

 ほとんど、40日ぶりの投稿でした。

 『アメリ』きっと観に行きます。

 バイバイ。

 現在2018年3月11日13時31分である。おしまい。