相対性理論を学びたい人のために

まだ一度も相対性理論を勉強したことのない人は、何か一冊相対性理論の本を読みかじってみて、なぜこんなことが?という、疑問を持ってからこのブログに来てください。ブログの先頭に戻るには表題のロゴをクリックしてください

結婚をシミュレート(その4)

 現在2019年3月26日14時07分である。

 麻友さん。お誕生日おめでとう。

 25歳ということは、やっぱり、ひとつの節目です。

 自分の人生の今後を、少し俯瞰してみるのも、良いでしょう。

 偉そうなことを言っていますが、私には25歳は、ありませんでした。

 そう。1年浪人しているので、1994年に、大学4回生で25歳を、迎えるはずでした。

 でも、ご存じのように、1994年の夏、精神分裂病を発病した私は、その後の治療で、ほとんど小学生のようになり、社会から、ドロップアウトしたのでした。


「それでも、生き続けられたのは、なぜ?」

 私が、

『自分が本当に天才なんだ』

と、信じてたからだよ。

「どうして、信じられたの?」

 大学4回生で、単位が足りないじゃないかと父が言い出し、学費を払わないと言って、振込用紙を送ってきた。

 私は、仕方が無いので、資格がなくてもお給料が良く、授業の邪魔にならない、朝日新聞の朝刊の配達の仕事に就いた。

「だって、太郎さん、オートバイ乗れないじゃない」

 京都の地形は平らだから、自転車で大丈夫だったんだ。


 しかし、お給料が良いと言うことは、もの凄く、危険か、きついか、汚い、(つまり3K)なんだよね。

 新聞配達の場合、『きつい』だったんだ。

 私は、2月たつまえに、

『こんなことを、してたら、私の科学が、立て直せない』

と、気付いた。

「発狂前なんでしょ。築き直すという話は、中退して戻ってきてからの、話じゃなかった?」

 いや、大学2回生で、物理学と数学の危機を乗り越えたが、それは、克服したと言うことではなく、こうすれば、克服できるという道を見つけただけだったんだ。

 だから、3回生、4回生は、その険しい克服への道を、登ってたんだ。

「それで?」

 新聞配達を、しながら、

『こんなことやってたら、科学者になれない。一時的に、他のところで、羽を休めないと、完全に私の人生が破綻する。自殺するようなことになる』

と、考えていたんだ。

 そんなとき、私は、発病し、横浜に、連れ戻された。

 私は、

『この才能が、いたずらに、破壊されるのは、見るに堪えない』

と、神様が判断し、発狂という形で、朝日新聞配達を、辞めさせてくれたのだな、と感じていたんだ。

 だから、私の才能を、疑う余地は、なかったんだ。


「太郎さんって、本当に、凄いわね」

 いや、麻友さんだって、大したもんだよ。

 私が、最初から全力で麻友さんに、ボール投げてたと、言ってるけど、確かに2015年の時から、全力投球だったのは本当だけど、それを、今(2019年)まで、続けている、というのは、麻友さんが、見込み通りの人だということを、毎回、確認できてるからなんだ。

 顔だけだったら、ここまで、続いてないだろうし、歌手としてソロを歌うのは難しいとは言いつつ、私は、麻友さんの声が好きなんだ。

 オールナイトニッポンの放送中に、うんちの絵を描いてたり、指原さんに、うんちのマスコットあげたりするのも、23歳年下の男の子がやるような、アイドルの追っかけを、47歳の私がやってるように、麻友さんが23歳年下の2歳の幼児が、『うんちちゃん、ばいばい』なんて、トイレを流す前に言ってるのを、真似しているととれば、納得する。

 そう。麻友さんは、振れ幅が、大きいんだ。


「うんちのことまで、褒められちゃ、かなわないわね」

「ところで、今日は、『結婚をシミュレート(その4)』と、なってるけど」

 うん。

 一昨日から、書き始めていたんだ。

 再開しよう。



 以下の記事は、一部、3月24日に、書き始めたものである。



 現在2019年3月24日14時09分である。

「わっ、本当に、『結婚をシミュレート(その4)』やってくれた」

 女の人は、無茶な注文してくるよね。

「女の人は、って?」

 『竹取物語』のかぐや姫だって、みんなに無茶振りして。

「私、かぐや姫なのね。やったー」

 浮かれてる場合じゃない。

 今日シミュレートするのは、麻友さんと私が、初めて麻友さんの実家に行くところにする。

「そうか、太郎さん、私とさえ、リアルに会ってないから、分からないことだらけね」


 そこで、ネット上の情報などから、いくつか、仮定を置いて、シミュレートする。

「どんな仮定?」

 麻友さんのお父さまが、本当に、日本信号株式会社に勤めていると、仮定する。

「他には?」

 麻友さんのお父さまは、営業職ではなく、技術屋さんだと仮定する。

「太郎さん、お父さまが技術者だから、営業の人のこと、分からないものね」

 まあ、一応、弟は、サングラスの営業してるんだけどね。『固形日焼け止めやサングラスはいかが?』という記事、書いたじゃない。あのサングラス、麻友さんにかけてもらえると、弟の会社のもの凄い宣伝になるんだけどね。

「宣伝?」

 だって、

『あのまゆゆが、かけてます』

って、言ったら、飛ぶように売れるよ。

「だって、太郎さんが、『いや、弟と弟のお嫁さんとで、全部やってる。私は、まったく手伝ってない』って、自慢そうに言ってたから、私が、手伝ったら悪いかと思って・・・」

 うん。時間差で、麻友さんを口説こうと、あの時から、狙ってたんだ。

「太郎さん、思ったより腹黒い。いや、そうじゃないんだ。太郎さんは、1年浪人したとは言え、京都大学理学部へ行った人なのよね。頭の回転が、普通じゃないんだった」

 そう、肯定的に取ってもらえると、ありがたい。

「じゃあ、お父さんについては、そういうことにして、お母さんは?」


 私、麻友さんのお母様に関しては、

『麻友へ

19歳、おめでとう。

・・・

・・・

お母さんより』

という、麻友さんの19歳のお誕生日の時の手紙でしか、知らないんだ。

「どうして、あの手紙を、知ってるの?」

 いつも、言ってる、『麻友』のノートって、あるでしょ。

「うん」

 あれ、第1巻が、始まりじゃないんだ。

「どういうこと?」

 あの『麻友』のノートは、2015年7月19日に作った。でも、麻友さんを見初めたのは、4月4日だよね。

「あっ、じゃあ、それまでにも、メモを取ったノートがあるんだ」

 そうなんだ。

 私が、数学や物理学の計算をしている横とかに、麻友さんのことや、戦友のメールアドレスとか、入り乱れて書かれている。

 そういうノートが3冊くらいになってしまったので、さすがにこれでは、後で情報を確認できないと思い、『麻友』のノートを、作ったんだ。

「あの手紙を、書き取ってあるということ?」

 表紙に、

量子力学概論 1』

と、太く書いてある上に、

『麻友のお母様の手紙』

と、メモしてある。

「ああ、懐かしいわあ。太郎さんが、『麻友』って、私を呼んでいた時期があるのよね」

 そうだったね。麻友さんをなんて呼んでるかで、いつ書いたものか、ある程度分かるね。

 本当に、シャーペンで、全部書き取ってあるよ。

『心配性で、雷と地震が恐くて、毎朝学校に出かける時に「何もこないよねぇ!?」と聞いてから学校に行ってたよね』

とか。

「わーっ、恥ずかしい。もう、太郎さんたら!」

 そういうわけで、余りにも、情報が少ないので、麻友さんのお母様には、私の母と似たような感じ方をする人である、という仮定をすることにする。

「太郎さんのお母様?」

 つまり、非常に普通のお母様として、対応してもらおうと思う。

「ああ、つまり、娘がある男の人を本当に好きになったら、普通に応援してくれるお母さんという役回りね」

 そう。

「じゃあ、シミュレート始めて」





「太郎さん。ここが、家なの」

 ああ、やっぱり、そんなに贅沢ではないけど、暖かそうな家だな。







と、ここまで、書いた後、本当に、父と母と弟の都合がついて、川崎まで、スマートフォン買いに行ってきたんだ。

 3月23日のツイッターに書いたとおり、本当に、麻友さんと誕生日が同じ、スマホ、買ってもらったんだ。

「どれくらい時間かかった?」

 16時半頃から、20時までかかった。

「じゃあ、太郎さん。もう寝なきゃ」

 うん。この後、結婚を実際にシミュレートするのは、次回にしよう。

「お父さんとお母さんのことを、どこまで太郎さんが、説得できるのか、楽しみにしているわ」

 まあ、もう眠り薬飲んでるし、スマホで自撮りするのは、まだ分からないので、今日は、ここまで。

「おやすみ」

 おやすみ。

 25歳の誕生日の夜、麻友さんは、まだ、私と離ればなれのまま、布団に入ったのだった。

 現在2019年3月26日23時33分である。おしまい。